日本赤十字社 鳥取赤十字病院

文字サイズ
標準
特大

リウマチ科(リウマチセンター)

外来担当表

診察
紹介のみ 岸本 岸本 岸本

関節リウマチと新型コロナについて 

●リウマチ患者さんのコロナ感染
  • ・リウマチ患者さんがコロナに感染しやすい、重症化しやすいという情報は 2020.8月時点でありません
  • 高血圧、肺の病気、心臓の病気、腎臓の病気、糖尿病、肥満などが感染のリスクになるという情報があります。合併症をお持ちの方は、その治療をしっかりと受けましょう。 
●リウマチの治療について
  • ・コロナに関わっていない方:現状の治療を継続しましょう。
  • ・コロナ患者に濃厚接触した方:タクロリムス、生物学的製剤、JAK阻害剤は接触後2週間、無症状であることが確認できるまで休薬しましょう。
  • ・コロナに感染した方:アザルフィジン、メトトレキサート、タクロリムス、生物学的製剤、JAK阻害剤は、症状が消失してから2週間経過するまで休薬しましょう。
  • ・ 副腎皮質ホルモン剤はコロナ感染の有無に拘わらず継続しましょう。
  • ・ どう対応すれば良いのか分からない、ご自分の薬がどれに該当するか分からない等、疑問があれば下記へ御連絡ください。
              •  リウマチ治療に関する相談先:0857-24-8111
              •  対応先           平日 8時半〜17時:整形外来
              •   土日・祝日・平日17時以降:救急外来看護師
●コロナを予防するために

一般的な予防策を心がけましょう

  •  ・「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避(ソーシャルディスタンス)
     ・こまめな手洗い
     ・ マスクを含めた咳エチケット

不要不急の受診を減らすため、病状が安定した方であれば電話再診も受け付けていますので、ご利用ください。

 →「病状が安定した方」とは?
  1.   リウマチの症状(関節痛や朝のこわばり)がない、あるいは軽い。
  2.   ここ3か月間、リウマチの薬が変更されていない。
 (ご自分が該当するか不明な場合、電話でお尋ねください。)

【電話再診の実際】
1.   連絡先:0857-24-8111(代表)電話再診希望とお伝えください
2.   受け付け時間:原則として診察予約日の10時まで
3.   対応:電話で病状を確認し、問題なしと判断できれば処方せんを発行、病院からかかりつけの薬局にFAXします。その後、かかりつけの薬局で薬をお受け取りください。
4.   備考
 a.   少なくとも6か月に1回は受診いただきます。
 b.   再診料等のコストがかかります。
 c.   当院の電話再診による対応は、コロナ感染に対する臨時的な対応であるため、状況の変化によっては見直される場合があります。

 

リウマチ科について

リウマチセンター

当院では、H28.4月より鳥取県内では初めてとなる「リウマチセンター」を標榜させていただきました。関節症状を主徴とする関節リウマチや脊椎関節炎、変形性関節症などのリウマチ性疾患は、その診断・治療に難渋することが少なくない疾患群です。当センターではリウマチ性疾患に深い経験とノウハウを持つリウマチ専門医を中心とし、早期の診断と、薬物療法、手術療法、リハビリテーションなどを組み合わせた集学的治療を行っています。またリウマチ専門医と看護師、薬剤師、理学・作業療法士、医療ソーシャルワーカーでリウマチチームを構成することで、フットケアや服薬指導、関節保護指導、あるいは社会福祉に関する相談など、さまざまなニーズや問題に対応できる体制を整えています。

医師紹介

リウマチ科部長
岸本 勇二
きしもと ゆうじ

外来担当日

月・水・金

専門分野

リウマチ性疾患、股関節疾患、人工関節置換術(股・膝・肘等)

所属学会

日本整形外科学会(専門医) 日本リウマチ学会(専門医・指導医) 日本人工関節学会(認定医) 日本股関節学会 中国・四国整形外科学会


第一整形外科部長
髙橋 敏明
たかはし としあき

外来担当日

月・水・木

専門分野

整形外科一般

所属学会

日本整形外科学会(整形外科専門医・リウマチ医・脊椎脊髄病医) 日本リウマチ財団(リウマチ登録医)


リハビリテーション科部長
倉信 耕爾
くらのぶ こうじ

外来担当日

火・木

専門分野

整形外科全般

所属学会

日本整形外科学会(整形外科専門医・運動器リハビリテーション医・脊椎脊髄病医) 日本リウマチ学会(専門医)

主な疾患と治療法

対象疾患

関節リウマチ、変形性関節症、脊椎関節炎(強直性脊椎炎、乾癬性関節炎など)、骨粗鬆症、その他のリウマチ性疾患

治療法

診断

関節エコーやMRIなどの各種検査を駆使し、早期診断に努めます。

薬物療法

生物学的製剤やJAK阻害剤などの新規治療薬を含め、有効かつ安全な薬物療法を目指します。

手術療法

人工関節置換術などの手術で、関節機能再建を図ります。

リハビリテーション

関節保護の理解や、関節機能の回復を獲得します。

実績

手術部門

関節リウマチや変形性関節症による関節機能障害に対し、手術的治療で関節機能の再建をはかっています。その中心となるのが人工関節置換術であり、県内ではもっとも多くの人工関節手術を行っている病院です。またリウマチの足趾変形に対する関節温存手術などの新しい手術にも取り組んでいます。

2017 2018 2019
人工関節置換術 股関節 76 87 78
膝関節 29 38 49
手指関節 1
足趾関節 1 1 1
肘関節 1 0 0
人工関節再置換術 股関節 6 7 3
膝関節 0 0 0
滑膜切除術 3 0 0
関節形成術 手関節 3 3 4
足趾 4 4 1

最新の論文実績

①Kishimoto Y. et al. A low-volume surgeon is an independent risk factor for leg length discrepancy after primary total hip arthroplasty: a case-control study. Int Orthop. 2020; 44(3): 445-51.

②Kishimoto Y. et al. Dislocation is a leading cause of decreased survival rate in primary total hip arthroplasty performed by low-volume surgeons: long-term retrospective cohort study. 2020; 35(11): 3237-41.