日本赤十字社 鳥取赤十字病院

文字サイズ
標準
特大

リウマチ科(リウマチセンター)

外来担当表

診察
紹介のみ 岸本 岸本 岸本

関節リウマチと新型コロナについて 

関節リウマチと新型コロナについてvol.1(2020年4月)

関節リウマチと新型コロナについてvol.2(2020年8月)

関節リウマチと新型コロナについてvol.3-コロナワクチン-(2021年2月)

関節リウマチと新型コロナについてvol.4(2021年4月)

リウマチ科について

リウマチセンター

当院では、H28.4月より鳥取県内では初めてとなる「リウマチセンター」を標榜させていただきました。関節症状を主徴とする関節リウマチや脊椎関節炎、変形性関節症などのリウマチ性疾患は、その診断・治療に難渋することが少なくない疾患群です。当センターではリウマチ性疾患に深い経験とノウハウを持つリウマチ専門医を中心とし、早期の診断と、薬物療法、手術療法、リハビリテーションなどを組み合わせた集学的治療を行っています。またリウマチ専門医と看護師、薬剤師、理学・作業療法士、医療ソーシャルワーカーでリウマチチームを構成することで、フットケアや服薬指導、関節保護指導、あるいは社会福祉に関する相談など、さまざまなニーズや問題に対応できる体制を整えています。

医師紹介

リウマチ科部長
岸本 勇二
きしもと ゆうじ

外来担当日

月・水・金

専門分野

リウマチ性疾患、股関節疾患、人工関節置換術(股・膝・肘等)

所属学会

日本整形外科学会(専門医) 日本リウマチ学会(専門医・指導医) 日本人工関節学会(認定医) 日本股関節学会 中国・四国整形外科学会


第一整形外科部長
髙橋 敏明
たかはし としあき

外来担当日

月・水・木

専門分野

整形外科一般

所属学会

日本整形外科学会(整形外科専門医・リウマチ医・脊椎脊髄病医) 日本リウマチ財団(リウマチ登録医)


リハビリテーション科部長
倉信 耕爾
くらのぶ こうじ

外来担当日

火・木

専門分野

整形外科全般

所属学会

日本整形外科学会(整形外科専門医・運動器リハビリテーション医・脊椎脊髄病医) 日本リウマチ学会(専門医)

主な疾患と治療法

対象疾患

関節リウマチ、変形性関節症、脊椎関節炎(強直性脊椎炎、乾癬性関節炎など)、骨粗鬆症、その他のリウマチ性疾患

治療法

診断

関節エコーやMRIなどの各種検査を駆使し、早期診断に努めます。

薬物療法

生物学的製剤やJAK阻害剤などの新規治療薬を含め、有効かつ安全な薬物療法を目指します。

手術療法

人工関節置換術などの手術で、関節機能再建を図ります。

リハビリテーション

関節保護の理解や、関節機能の回復を獲得します。

実績

手術部門

関節リウマチや変形性関節症による関節機能障害に対し、手術的治療で関節機能の再建をはかっています。その中心となるのが人工関節置換術であり、県内ではもっとも多くの人工関節手術を行っている病院です。またリウマチの足趾変形に対する関節温存手術などの新しい手術にも取り組んでいます。

2017 2018 2019 2020
人工関節置換術 股関節 76 87 78 80
膝関節 29 38 49 43
手指関節 1 0
足趾関節 1 1 1 0
肘関節 1 0 0 0
人工関節再置換術 股関節 6 7 3 3
膝関節 0 0 0 1
滑膜切除術 3 0 0 0
関節形成術 手関節 3 3 4 4
足趾 4 4 1 0

最近の論文実績

①Kishimoto Y. et al. A low-volume surgeon is an independent risk factor for leg length discrepancy after primary total hip arthroplasty: a case-control study. Int Orthop. 2020; 44(3): 445-51.

②Kishimoto Y. et al. Dislocation is a leading cause of decreased survival rate in primary total hip arthroplasty performed by low-volume surgeons: long-term retrospective cohort study. 2020; 35(11): 3237-41.

③Kishimoto Y. et al. Can intra-articular injection of glucocorticoids be an alternative intervention to achieve remission in patients with rheumatoid arthritis exhibiting low disease activity?: A single center longitudinal study. J Clin Rheumatol (in Press)