日本赤十字社 鳥取赤十字病院

文字サイズ
標準
特大

循環器内科

外来担当表

診察
1診 野口法保 鳥大 荻野 野口法保 小坂
2診 荻野 野口法保 野口法保 小 坂

※金曜日の紹介は緊急時のみ

循環器内科について

循環器内科は心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患、不整脈疾患、心不全など心臓の病気を専門にしています。冠動脈疾患は冠動脈CT、心筋シンチグラフィ、心臓カテーテル検査などにより最終診断を行い、カテーテル治療(冠動脈インターベンション)など最適な治療を提供するよう心がけています。心筋梗塞など急性冠動脈疾患に対しては24時間、緊急カテーテル治療が施行可能です。
心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です。適切な診断、薬物療法を行うだけでなく多職種(看護師、理学療法士、栄養士、薬剤師)によるチーム医療で悪化を予防、予後改善にあたっています。

医師紹介

副院長
荻野 和秀
おぎの かずひで 

外来担当日

月・火・水

専門分野

循環器全般

所属学会

日本内科学会(総合内科専門医・中国地方会評議員) 日本循環器学会(循環器専門医・フェロー(FJCS)・中国地方会評議員) 日本心臓病学会(フェロー(FJCC)) 日本心不全学会(評議員) 日本心臓リハビリテーション学会(心臓リハビリテーション認定医・評議員) 日本痛風核酸代謝学会(痛風医・評議員) 日本心血管内分泌代謝学会(評議員) 日本臨床生理学会(評議員) 日本プライマリ・ケア連合学会(中国地方代議員) 日本臨床スポーツ医学会
American College of Physician(Fellow(FACP)) 日本体育協会(公認スポーツドクター) 日本医師会(認定産業医、健康スポーツ医) 日本卓球協会(スポーツ医科学委員・ナショナルチームドクター) 日本オリンピック委員会(強化スタッフ)


第一循環器内科部長
野口 法保
のぐち のりやす

外来担当日

月・火・木

専門分野

循環器全般

所属学会

日本循環器学会(循環器専門医) 日本心血管インターベンション治療学会 日本心不全学会 日本心臓リハビリテーション学会 日本心臓病学会 日本内科学会 日本プライマリ・ケア連合学会(プライマリ・ケア認定医)


医師
小坂 博基
こさか ひろもと

外来担当日

木・金

専門分野

循環器全般

所属学会

日本循環器学会 日本心血管インターベンション治療学会 日本腎臓学会 日本痛風・核酸代謝学会 日本医師会(認定産業医)

主な疾患と治療法

こんな症状ありませんか?

冷や汗を伴うような胸の痛みが急におこった。
胸がしめつけられる。
階段をあがるときなど、動いた時に胸の違和感がある。

胸痛の原因には、急性心筋梗塞など緊急を要する病気があるので、急に起こった胸痛が20分以上続く場合には、すぐに医療機関を受診することが大切です。狭心症の診断は、緊急性がない場合は、外来で運動負荷心電図や冠動脈CTなどの検査をまず行い、心臓カテーテル検査が必要かどうかを判断します。狭心症や心筋梗塞と診断された場合、薬物治療、カテーテル治療(冠動脈ステント留置)、心臓バイパス手術のいずれかを、病状に応じて選択します。

何回かに1回、脈が飛ぶ。
急に脈が速くなる、息苦しくなる。
脈が遅くなる、めまいがする、気を失う。

このような症状があるときには、不整脈の可能性があります。不整脈には期外収縮という比較的軽症のものから、心房細動という脳やその他の臓器に血栓症を起こすもの、心室頻拍症・心室細動など命にかかわるものまで種類は様々です。心電図、不整脈の原因を調べるために心エコー、血液検査、冠動脈CT検査などが行われます。それらの検査結果により、薬物療法・カテーテルアブレーション・ペースメーカーなどの治療方針を決定します。

実績