日本赤十字社 鳥取赤十字病院

文字サイズ
標準
特大

小児科

外来担当表

診察
1診 加藤 木下 木下 加藤 山﨑
2診 山﨑(木下)※ 山﨑 山﨑 木下 加藤
(午後)

慢性・感染症外来

♧乳児健診

♧BCG接種

慢性・感染症外来

♧★循環器外来

慢性・感染症外来

予防接種

慢性・感染症外来

慢性・感染症外来

・午後受診希望の方は要電話予約

♧予約制

★第2水曜日のみ(鳥大医師診察)

※都合により、月曜日の2診の担当が山﨑Drから木下Drに変更になる場合がございます。

 

小児科について

 当院小児科では、お子さまの急な発熱や喘息発作などの救急疾患から専門医療を必要とする疾患:特に内分泌疾患、消化器疾患ならびに循環器疾患に取り組んでいます。また、産婦人科とも共同して新生児医療にも取り組んでおります。他、乳児健診(毎週火曜日午後:要予約)、予防接種(毎週木曜後午後:要予約)を行っています。診察の結果、より高度な検査や治療が必要なお子さまは、高次医療機関に紹介いたします。
 外来診察の際、予約の方を優先でお呼びしますが、当科で急を要すると判断した際は診療の順番が前後することがあります。ご了承ください。
 また午後の外来は要予約としておりますが、急な発熱や突然のアレルギー症状などでお困りの場合は、電話でご連絡いただきましたら対応いたします。
 その他、長引く発熱・食欲不振・頭痛・腹痛など、お困りの内容をご相談ください。スタッフ一同、お子さまとご家族に信頼して頂けるよう、診療に取り組んでまいります。よろしくお願いいたします。

医師紹介

検査部長
木下 朋絵
きのした ともえ

外来担当日

月・火・水・木・金

専門分野

小児科一般、小児内分泌

所属学会

日本小児科学会(小児科専門医) 日本小児アレルギー学会 日本小児感染症学会 日本小児内分泌学会 日本内分泌学会 日本周産期・新生児医学会、新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)修了

●医師からのひとこと●

お子さまの発育に関すること(小柄、思春期が早いなど)、ホルモンに関連した分野を担当しています。お子さまの現在の症状に応じて、成長ホルモンの分泌検査などを行っています。他、一般感染症、夜尿症、検尿検査で尿糖が陽性であった場合の精査、食物アレルギー負荷試験などに取り組んでいます。ご家族、お子さまに分かりやすい説明を心がけています。よろしくお願いいたします。


医師
加藤 耕平
かとう こうへい

外来担当日

月・火・水(午後)・木・金

専門分野

小児科一般、小児消化器疾患

所属学会

日本小児科学会(小児科専門医) 日本小児栄養消化器肝臓学会 日本小児アレルギー学会
日本小児IBD研究会 日本内科学会 日本アレルギー学会 日本消化器内視鏡学会

●医師からのひとこと●

外来では一般的な病気全般の診療を行っているほか、特におなかの症状のあるお子さんの診療に力を入れています。乳幼児期からの便秘や血便、小中学生のお子さんの持続する腹痛といった頻度の多いものから、炎症性腸疾患や好酸球性胃腸炎といった比較的頻度が少ない疾患の診断治療も行っています。お子さんの胃カメラ、大腸カメラ、カプセル内視鏡等の検査も行っており、ご本人、ご家族との相談のうえ適切な検査治療が行えるよう努めています。


医師
山﨑 隼太郎
やまさき じゅんたろう

外来担当日

月・火・水・木・金

専門分野

小児科一般、小児循環器

所属学会

日本小児科学会(小児科専門医) 日本小児循環器学会

●医師からのひとこと●

私は小児科全般、特に循環器領域を中心に診療を行っています。循環器領域とは語源でもある「心臓学」という名称から分かるように、主に心臓を研究する分野です。その専門性を活かして健診での心雑音、心電図異常の原因精査や、川崎病の治療や胸痛の原因精査などを行います。また、より高度な専門性が求められる場合には、月に一度当院に鳥取大学病院から派遣される小児循環器専門医による専門外来への紹介も可能なので、お困りのことがありましたら気軽にご相談ください。

主な疾患と治療法

アレルギー疾患

食物アレルギー

 問診で食物アレルギーが疑われる場合、原因食物と考えられる食物のアレルギーの血液検査をまず行います。その血液検査で、食物アレルギーが疑われる場合、「お子さんにとって安全に食べられる量を決める」という目的で、日帰りでの食物アレルギー負荷試験を行っています。(少量ずつ、2030分おきに持参の食物を食べて頂き、アレルギー反応の有無を調べます。アレルギー反応がみられた場合は、症状に応じて、治療を行います。)

内分泌疾患

 小柄、思春期が早い、甲状腺が腫れているということなどで、お悩みの場合はご相談ください。
 小柄なお子さまについて、ホルモン血液検査や手のレントゲン撮影(骨年齢の評価のため)を行い、必要に応じて負荷試験を実施し、成長ホルモンの補充療法を行っています。
 その他、小児内分泌疾患にはいろいろなものがありますが、急激な体重減少、体重が増えにくい、多飲・多尿などでお困りの場合もご相談ください。
 診察の際は、母子手帳や成長の記録などをご持参頂けますとありがたいです。

消化器疾患

機能性消化管障害

 持続する嘔気、下痢、繰り返す腹痛などが主体となる疾患で、各種画像検査や内視鏡などで、原因となる疾患が隠れていないかを検査する必要があります。

便秘症

 小児の腹痛や嘔吐などの原因として頻度は多く、一時的な症状改善のための治療のほか、よい便通を維持するための治療を継続していくことがあります。
 その他、2018年より、当院では年間20例以上の小児消化器内視鏡検査を施行しています。

心疾患

川崎病

 川崎病が疑われる場合、ガイドラインに沿って、免疫グロブリン療法という治療を行っています。

 

 毎月第2水曜日の午後、鳥取大学周産期・小児医学分野より循環器グループの医師の診察があります。

実績(小児科の主たる疾患 2019年)

順位 分類 件数
1 急性下気道感染症 262
2 消化器疾患・腸管感染症 179
3 急性上気道感染症 106
4 肺炎 104
5 喘息 80
6 食物アレルギー 56
7 インフルエンザ 35
8 けいれん(痙攣) 27
9 新生児に関する疾患 15
10 川崎病 13
11 腎疾患 7
12 内分泌負荷試験 5