日本赤十字社 鳥取赤十字病院

文字サイズ
標準
特大

がん治療

外来化学療法室

外来での化学療法が可能

がんの三大治療は手術・放射線治療・化学療法です。抗がん剤による治療が標準的治療・ガイドラインとして確立され、有害事象(副作用)対策が進歩したことによって、外来での化学療法が可能となりました。以前は入院で行っていた化学療法も、入院しなくとも安全に抗がん剤治療が行えるように変化してきています。当院の外来化学療法室では、化学療法や潰瘍性大腸炎などに対する生物学的製剤の投与がより安全で確実に行えるよう管理を行っています。

リクライニングチェア5床、治療用ベッド7床の計12床。

治療当日の流れ

  1. 受付
    各診療科の外来で受付。
  2. 採血
  3. 外来診察
    看護師が血圧・体温・体重測定などを行い、体調をうかがいます。
  4. 治療(外来治療室で)
    診察終了後、薬剤部で薬の準備を始めますので、外来化学療法室での待ち時間が生じますので、ご了承ください。
  5. 帰宅

外来化学療法室スタッフから患者さんへ

外来化学療法室には、がん専門薬剤師や、がん化学療法看護認定看護師というがん化学療法に関して専門知識と技術を有するスタッフがいます。専門的な知識を活用し、がん化学療法を安全に、苦痛を最小限に過ごすことができるよう、患者さんやご家族と一緒に考え支えていきます。患者さんが自分らしい生活を送りながら、治療を受けることができるよう、患者さんに沿った医療・看護の提供を目指しております。

  • ・がん化学療法についての基礎知識や抗がん剤についての情報提供
  • ・がん化学療法を受けることに対する疑問や不安について
  • ・がん化学療法の副作用とその対処方法について
  • ・がん化学療法の治療の選択や意志決定をする上での情報提供

その他の相談もお受けしております。

放射線治療

頭から手足の先まで全身に使用

放射線治療装置(リニアック)は、エックス線や電子線などの放射線を当てて、がんの治療をする機器です。病気の部位に到達するまで体を切り開かなければならない手術に比べて、正常な組織へのダメージが少なくそれらの機能を残したまま治療でき、体への負担も最小限ですみます。

放射線科へ 

緩和ケア

「生きる」希望を支える緩和ケア

当院の緩和ケアチームでは、がんなどの病気に伴う身体の痛みや症状を和らげ、精神的な不安や辛さに対する支援を行い、痛みに苦しむ患者さんとそのご家族に寄り添い「生きる」希望を支えます。困っている、話を聴いてほしいなどがありましたら、お気軽にお声をかけてください。

緩和ケアチームへ