薬剤部

introduction

医師の「必ず治したい」という思いから処方された薬を、「薬の性質からみて、この患者様に最適かを別な視点で確認する」、そして「効果を最大限に出す方法を伝える」、最後に「薬の余計な副作用・相互作用から患者様を守る」のが私たち薬剤師の使命として取り組んでいます。その為には、急な受診時にも力強い味方になってくれる「お薬手帳」を日頃から利用していることがとても大切です。薬のことは私たち薬剤師にお任せください。

 

鳥取赤十字病院薬剤部の5つのポイント

Point1 多くのチーム医療へ参加


meeting3

薬剤師はほとんどのチーム医療に入って活躍しており、認定の知識・経験も活かされ、色々なことを聞きやすい雰囲気があります。経験した知識は薬剤部内で毎週情報提供し合い、相互の知識アップにつなげています。

 

Point2 各種認定スタッフの充実


nintei

私たちはどんなに頑張っても24時間しかありません。皆の知識と経験を共有し合うことによって、自分の努力の何倍もの事が疑似体験として吸収できる環境があります。

Point3 たくさんの指導者による新人教育


renkei2

日本薬剤師研修センター認定、および日本病院薬剤師会認定の実習指導薬剤師が多数揃っており、この知識と技法が新人薬剤師教育にも活かされています。

 

Point4 全国組織の赤十字体制


kenshu02

中国四国レベル、全国レベルの情報交換、研修会などが年数回ずつあり、毎月様々な情報が入ってきますので、鳥取にいても大都市圏の薬剤師と同等以上の活躍ができます。

 

Point5 災害医療にも貢献できる環境


hisaiti3

赤十字組織は救急時、災害時の知識、技能の習得にも力を入れています。東北大震災の時は、初期対応の組織であるDMATの一員として、また医療チームの一員として、薬剤師も6人のスタッフが活躍してきました。薬剤師がいない他県の赤十字以外のチームや、多くの災害被災者から感謝されながらの帰院となっていました。

 

 

各業務とスタッフインタビュー
専門薬剤師へのインタビュー
教育制度と実務実習のご案内
新人薬剤師の声
募集要項
治験のご案内

 

yakuzai5

 

鳥取赤十字病院薬剤部名簿

氏 名 役 職 専門担当領域
国森 公明 薬剤部長 薬剤管理指導(循環器・呼吸器内科)、糖尿病教育、緩和医療、感染対策、副ゼネラルリスクマネージャー
小寺 悟 調剤課長 薬剤管理指導(眼科・泌尿器科)、褥瘡、医療安全管理
清水 浩幸 病棟業務課長 薬剤管理指導(外科)、化学療法
大坪 百合子 調剤係長 薬剤管理指導(消化器内科)、NST
米田 栄子 製剤係長 薬剤管理指導(外科)、化学療法、緩和医療
山根 慶子 薬剤管理指導係長 薬剤管理指導(糖尿病・透析・一般内科)、NST
山本 貢 薬剤師 薬剤管理指導(耳鼻咽喉科、脳外・神経内科)、医薬品情報、TDM
西村 清孝 薬剤師 薬剤管理指導(整形外科、循環器科)、感染対策
廣岡 賢輔 薬剤師 薬剤管理指導(外科)、化学療法
草野 由記美 薬剤師 薬剤管理指導(緩和医療)
山下 奈津子 薬剤師 薬剤管理指導、感染対策
大西 未来 薬剤師 薬剤管理指導(整形外科)
藤本 実咲 薬剤師 薬剤管理指導(眼科、泌尿器科)
川瀬 和代 薬剤師 薬剤管理指導(小児科、産婦人科)
前田 祥花 薬剤師 調剤、製剤、注射、無菌調製
 山岡 志保 薬剤師 調剤、製剤、注射、無菌調製
中野 歩 薬剤師 調剤、製剤、注射、無菌調製
堀 裕子 薬剤師 調剤、製剤、注射、無菌調製
竹内 美津子 事務 事務処理、その他の補助業務
中尾 祐子 事務 事務処理、その他の補助業務