糖尿病教育推進委員会

糖尿病教育推進委員会の活動について

厚生労働省の「2007年国民健康・栄養調査」で、糖尿病が強く疑われる成人(予備群も含む)は、約221万人と推計されています。実に日本の成人10人に2人の割合です。1年前の調査より340万人、10年前に比べると840万人増加しています。
この糖尿病の脅威は全世界的な問題でもあり、特定の疾患としてはエイズに続いてWHOの国連決議がなされ、11月14日を世界糖尿病デーに定めています。 糖尿病は自覚症状がないまま始まり、そのまま放置すると全身の合併症(網膜症・腎症・神経障害・脳梗塞・心筋梗塞など)を引き起こします。しかし血糖値が 少し高め位のごく早期の段階から、食事・運動・生活習慣を見直したり、糖尿病についての正しい知識を身につけ、理解を深める事で糖尿病や合併症の発症を予防し、進行を遅らせる事が出来ます。
当院では、糖尿病教育推進委員会という委員会組織を結成し、糖尿病治療・療養指導の専門的知識・技術を身につけたスタッフがチームを組んで患者・家族の皆様向けの治療・教育プログラム、一般市民・地域の皆様向けの講演会活動を行っています。また、医療スタッフ向けの教育プログラムも充実させています。

 

委員会構成メンバー

医師(糖尿病・腎・循環器疾患)、看護師(糖尿病指導認定看護師・糖尿病療養指導士)、管理栄養士(糖尿病療養指導士)、理学療法士、薬剤師(糖尿病療養指導士)、臨床検査技士、歯科衛生士、事務職員

 

外来部門(一般外来診療以外)の取り組み

糖尿病栄養相談外来

管理栄養士による個別の栄養指導、採血検査等の糖尿病合併症関連の検査(必要時)を行います。かかりつけの診療所からの紹介状と事前の予約が必要です。

 

看護相談外来

糖尿病に関連した様々な相談業務(日常生活指導からインスリン自己注射・自己血糖測定の指導など)を行います。

 

フットケア外来

img01

毎週火曜日に専門的な研修を受けた看護師(糖尿病看護認定看護師も含む)によるフットケアを行います。

 

栄養指導

医師の指示のもと個別指導を行います。

 

糖尿病関連のDVD上映

診療までの待ち時間を利用し、鑑賞していただいています。

 

あけぼの会

患者会の支援(総会・親睦会・会員募集など)

 

食事会・調理実習

隔月で実施しています。実費負担で参加可能です。

 

糖尿病講演会

糖尿病週間行事として世界糖尿病デー11月14日前後に行っています。

 

入院部門の取り組み

クリティカルパスによる教育入院プログラム

2週間コース、1泊2日コースがあり、糖尿病に関する基本的な知識の習得から、日常生活全般にわたって良好な自己管理ができるように学習していただきます。

 

ビデオ学習

(月~金 9時から約30分)糖尿病について、食事・運動・薬物治療など自己管理の仕方など、約20本のビデオを毎日見て学習して頂きます。

 

栄養指導

医師の指示に基づき、一人一人の生活を考えた個人指導を行います。
(月~金:10時~12時の間に1人30分程度)

 

食事会

管理栄養士・看護師などとその日の昼食を食べながら、量の目安 や味付けの工夫、バランスなどについて実践的な学習を行います。
(毎週木曜日の12時から)

 

糖尿病についての学習、療養指導

クリティカルパスに沿って、患者様と共に入院前の生活習慣から問題点を見出し、退院後の生活改善の具体的な目標設定まで、心理的なサポートも行いながら、看護師が指導します。

 

糖尿病教室

入院中の方から外来通院中の方も、また御家族の参加も可能です。

糖尿病教室ご案内のページへ

 

 糖尿病なんでも指導依頼

インスリン自己注射(家族が行う場合も含む)中の患者様に対する再確認や指導。自己血糖測定や、その他糖尿病に関する様々な疑問や問題をかかえる患者様・スタッフ双方の相談依頼に対応し、支援を行います。

 

医療スタッフ向け

  • 委員会
    偶数月の第3月曜日に定例開催し、活動状況報告・情報共有・問題点の検討などを行っております。
  • グループ学習会
    奇数月の第3月曜日に定例開催し、2~3のテーマで委員の専門的知識・技術の向上を目的とした勉強会の開催を行っております(外部の方の参加も可能)。
  • クリティカルパス作成
    糖尿病教育入院(2週間用)、シャント造影、腎生検、インスリン導入、1泊2日教育入院パスについてクリティカルパスの作成と運用を行っております(作成中のものも含む)。
  • カンファレンス
    毎週水曜日に、医師・看護師・薬剤師その他コメディカルが入院中の患者様の治療方針・看護計画などを検討します。
  • 出張学習会
    各病棟の特殊性・各診療科で直面する糖尿病領域の問題や、疑問・インシデント対策などの内容を講義します。
  • 基礎学習会
    新採用者を対象に医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士が糖尿病の基本的知識を講義します。インスリン注射・自己血糖測定器・低カロリ―・減塩食品などの実物を手にとって体験学習します。(外部の方の参加も可能)
  • 糖尿病何でも相談依頼
    インスリン自己注射(家族が行う場合も含む)中の患者様に対する再確認や指導。自己血糖測定や、その他糖尿病に関する様々な疑問や問題をかかえる患者様・スタッフ双方の相談依頼に対応し、支援を行います。