日本赤十字社 鳥取赤十字病院

文字サイズ
標準
特大

看護師

教育体制

教育理念

人道・博愛の精神に基づき、専門職業人として専門的な知識・技術を向上させ、質の高い看護サービスを提供できるよう看護部組織として支援し、看護職員の能力開発を目指す。

教育目標

  1. 自己啓発しながら専門性を高め、質の高い看護ケアが提供できる
  2. 教育計画の中から選択し、個人目標にそった年間の研修計画を立て実践する

鳥取赤十字病院看護部の求める看護師像

  • 赤十字精神に基づく行動ができる看護師
  • 専門職業人としての知識、技術、態度を自己研鑽できる看護師
  • あらゆる健康状態の人々に対し、一人一人のニーズに応じた責任ある看護の提供ができる看護師
  • 安全で安心できる看護サービスの提供ができる看護師
  • 院内・地域と連携でき、調整役としてリーダーシップが取れる看護師
  • 社会・医療制度の変化に対応しながら、地域社会から信頼される看護師

鳥取赤十字病院看護師に求められる能力

  • 日々の看護実践において、赤十字基本原則が行動化できる能力
  • 専門領域における知識や技術を深め、活用し応用できる能力
  • 状況を客観的に捉え、臨機応変に問題解決ができる能力
  • 患者・家族およびチームメンバーと良い人間関係を築いていく能力
  • 一人一人の個性、感性、生命力、能力、意志を尊重し、エンパワーメントを導く能力
  • 他職種または地域と協働し調整する能力

新人研修

新人看護師研修制度

鳥取赤十字病院では、平成19年度から3ヶ月間の新人看護師研修制度を取り入れています。これから看護師としての一歩を踏み出す新人の皆さんは、病院で働くということ、実際に多くの患者さまを目の前にして看護業務にあたっていくことについて不安を抱えておられると思います。そのような不安や悩みを少しでも解消できるように、集中的に看護技術を学び、安全な看護実践が行えるような研修制度をはじめました。
目的の一つに「職場への適応ができること」としており、研修を受け、修了時には「看護をしていきたい」と感じてもらえるような研修をおこなっています。

新人看護師の声はこちら

3ヶ月間の研修内容

  • 病院・看護部オリエンテーション
    諸手続、病院・看護組織について、記録、接遇、白衣についてなど総合的なことを学びます。
  • 病院内体験見学研修
    病院内にはたくさんの専門職の部署があります。様々な仕事内容を見学研修します。
  • コミュニケーション研修
    患者さんとのコミュニケーションや、自分の会話の傾向を学ぶ研修です。
  • 看護技術研修
    採血、注射、吸引、口腔ケアなどの看護技術をトレーニングルームで学びます。
  • 看護過程研修
    看護過程のプロセスと看護診断について学びます。
  • 病棟ブロック研修
    内科系、外科系、手術室、集中治療室などをローテーションして、いろいろな部署を経験します。夜勤の体験もします。
  • ナラティブ研修
    先輩ナースの看護を聴き、看護観を深める研修です。
  • 医療安全・感染研修
    安全な看護をするための医療安全・感染予防について学びます。
  • 看護倫理研修
    看護者としての姿勢・態度について学びます。
  • メンタルサポート研修
    同僚同士でのサポートや、専門相談員が対応しメンタル面の支援をします。

など

新人看護師研修スケジュール
4月 1週目 新人看護師研修制度期間
指導者による指導
全体研修
2週目 看護部オリエンテーション
技術研修
3週目 病院内体験見学研修
4週目 病棟ブロック研修
5月 1週目 シャドウ技術研修
2週目 看護部病棟ブロック研修
外科系病棟
内科系病棟
集中治療室
手術室・内視鏡室
3週目
4週目
6月 1週目
2週目
3週目 看護業務研修
夜勤研修
4週目
7月~翌年3月 支援を受けながらキャリアレベルを目指す 部署配属
指導者・プリセプターを中心にチーム全体で支援を受けながら勤務〔1~2回/月 集合研修〕

キャリア開発

鳥取赤十字病院では、キャリア開発ラダーを実施しています。
ラダー つまりはしごを登っていくように、看護職として自分の目標に向かって、キャリアを積んでいくための支援をしています。

看護職のレベルを1~5段階に分けてそれぞれのレベルを到達するための研修を行っています。

レベル3までは、必要な研修を受け経験を積み重ね、次の段階に到達した頃、看護実践能力を師長とともに評価し、キャリアを積んでいきます。 レベル3以降は、以下の4分野の道を選んで進んでいきます。

  • 看護実践者
  • 国際救援
  • 看護教育者・研究者
  • 看護管理者
看護管理研修

看護管理研修は、キャリアレベル3以上の人を対象に、看護管理の視点の育成と、看護管理者の人材を育てるために実施しています。

  • 内容
    医療経済について
    看護組織について
    人材育成について
    情報テクノロジーについて
  • 講師
    看護部長・看護副部長・看護師長
    日本赤十字社や看護協会が開催する認定看護管理者制度のサードレベル・セカンドレベル研修修了者
    院長・副院長・事務部長

その他

院内登録看護師制度

院内登録看護師制度とは、鳥取赤十字病院の看護の質を向上させるために、専門知識を学習し、所属する部署を超えて活動できる制度です。また、将来認定看護師を目指す看護師の育成の場ともしています。
登録看護師として専門的な知識や技術を習得したいと意欲のある看護師の方はどなたでも院内登録看護師になっていただけます。登録分野は以下の9分野です。

【登録分野】

  1. 摂食・嚥下障害看護
  2. 認知症看護
  3. 糖尿病看護
  4. 救急看護
  5. 外来看護
  6. ストーマケア
  7. がん化学療法看護
  8. 乳がん看護
  9. 脳卒中リハビリテーション看護

院内登録看護師は専門知識をもとに各病棟での看護へのアドバイスなどを行っています。認定看護師も院内登録看護師のメンバーですので、より専門的なことを学ぶことができます。

赤十字看護師研修

赤十字の活動の中に、災害救護という重要な活動があります。被災者の方たちの身体的・精神的な支えとなる大切な役割です。その救護員としての役割が果たせるように、3年かけて研修を行っています。

【研修内容】

1年目
1.赤十字の歩みと活動
2.赤十字の現況と課題

2年目
1.赤十字の基本原則と国際人道法

3年目
1.災害看護論
2.国の災害対策と日本赤十字社の救護活動
3.最近の災害救護活動の現況と課題
4.災害救護演習
5.フォローアップ研修

認定看護師

認定看護師とは

認定看護師とは、Certified Nurse 略してCNと呼ばれる、日本看護協会に認定された看護師のことです。 「特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた」看護師のことを指し、看護現場において実践、指導、相談の3つの役割を果たすことにより看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的に発足しました。
通算5年以上の実務経験を有し、21種類の各専門分野別の教育課程を連続して6カ月以上受講したのち、日本看護協会による認定審査に合格、登録申請した看護師が認定看護師となることができます。
当院では、現在14名の認定看護師が活動しています。また、年に1~2名が個々の分野の認定看護師を目指しています。奨学金制度もあり、認定看護師を目指す方をサポートしています。

認定看護師室

当院には、現在14名の認定看護師がいます。
部署を超えて横断的に活動し、当院の看護のレベルアップに貢献しています。

【当院の認定看護師】

  • 感染管理 2名
  • 認知症看護 1名
  • 皮膚・排泄ケア 2名
  • 糖尿病看護 1名
  • 摂食・嚥下障害看護 1名
  • 脳卒中リハビリテーション看護 1名
  • 緩和ケア 1名
  • がん化学療法看護 1名
  • 救急看護 1名
  • 慢性心不全看護 1名
  • 乳がん看護 1名
  • 透析看護 1名

就職を希望される方へ

鳥取赤十字病院で働かれるにあたって、以下の点に配慮するようにしています。

経験を活かす

配属部署を決める前に看護部長と面談し、今までの経験を活かした部署に配属するようにしています。また、できるだけ希望に応じた勤務体制で勤務していただけるようにしています。

研修の充実

新人看護師の方に行う3ヶ月間の新人看護師研修制度をはじめ、それぞれの経験のレベルに応じた研修を行っています。自分の看護実践で自信のないところなど、当院で研修を受けていただくことができます。
就職後も慣れない環境で働く不安を少しでも解消していただけるように、病院全体を知っていただく研修や、医療安全、院内感染対策の研修なども行っています。病棟では、担当の指導者が支援しています。

多様な勤務体制

家庭と仕事が両立できるように、当院では様々な勤務体制を行っています。週1日の勤務から、土日だけの勤務、夏休みや冬休みなど学校行事にあわせての勤務など対応できるようにしています。

育児支援

当院には、保育園がまだないため、ファミリーサポートを利用されたときの負担金の支援を行っています。