褥瘡対策委員会

概要

kenshu当院では平成14年より、様々な職種で構成される褥瘡対策委員会を設置し、褥瘡対策に関する医療の質向上を図り、褥瘡発生の予防及び早期治癒を目標に活動を行っています。

また、看護職を中心とした褥瘡リンクナース会とも連携し、活動を一層強化・成果をあげています。

 

 

 

活動内容

褥瘡回診

img01

1回/週の褥瘡回診は委員会の構成メンバーで行っています。全褥瘡患者さんをラウンドし、局所ケア・ポジショニング・栄養改善・リハビリテーションなどについて、それぞれの職種が専門性を生かしディスカッションし、タイムリーな処置・ケアの提供と病棟スタッフへの指導を行っています。

教育活動

褥瘡に対する知識向上のため、研修会の開催など啓発活動を行っています。

(「体圧分散寝具について」「ポジショニングについて」「リスクアセスメントについて」「局所処置方法について」「医療機器関連圧迫創傷について」など)

 

体圧分散寝具、ポジショニングピローの整備

入院全患者さんに褥瘡リスクアセスメントを行い、リスクの段階に応じた体圧分散寝具を使用しています。適切な体圧分散寝具の検討や充足率から枚数の整備などを行っています。

 

褥瘡に関する統計

病棟別新規褥瘡発生率、褥瘡発生率、褥瘡有病率、医療関連機器圧迫創傷発生率、体圧分散寝具使用状況などの褥瘡に関する統計処理・分析を行い、褥瘡予防対策の参考としています。

 

 

構成メンバー

医師2名、看護師3名(うち2名皮膚・排泄ケア認定看護師)、薬剤師2名、臨床検査技師1名、理学療法士1名、管理栄養士1名、事務員1名