院内感染対策委員会

感染対策委員会について

病院長直属の諮問機関、感染対策チームを下部組織に位置づけ、構成メンバーは病院長、事務長、看護部長をはじめ診療部門、事務部門、看護部門など各職種の 代表メンバーで構成され、院内感染の防止と管理のための方針と最終決定機関として機能しています。委員会は月1回で、年2回講習会を行っています。

 

img01

外部講師を招いての講習会の風景

 

感染対策チームについて

各職種から構成された少人数の実働チームとして、現場で行った問題を迅速に対応しています。委員会は月1回開催しています。
月2回ICTメンバーで(医師1名・看護師2名・薬剤師1名)、現場ラウンドを行っています。

 

img02

ICTラウンド