特色・対応疾患

title02

 

 

外科の特色

全員が消化器一般について診療します。
水曜日と木曜日はレディースデーとして、ご希望があれば女性医師が診察にあたります。
初めて受診される方は午前11時30分までに受付をすませてください。
但し、乳腺疾患について受診される方は、午前10時30分までに受付をしてください。

 

外科の対応疾患

消化器(食道・胃・小腸・大腸・肝・胆道・膵)疾患、肛門疾患、甲状腺・乳腺疾患、肺疾患、末梢血管、小児外科における手術と術後の治療をおこないます。

 

臓器別疾患

【胃・小腸・大腸疾患】

胃癌、大腸癌を中心に日本外科学会認定医・専門医・指導医が治療にあたります。胃癌は胃癌学会による胃癌治療ガイドラインに則って治療計画を立て、治療に あたっております。腹腔鏡による胃切除術・大腸切除術もおこなっています。胃癌では、腫瘍のある場所とその進行度によっては、胃を全部切除する胃全摘術を どうしてもしなければならない場合があります。そのため胃全摘の手術後、食事に苦労されている場合も多々あります。特に多いのが一度に少ししか食べられな いという訴えです。当院ではこれを改善するため、小腸で胃の代わりとなる様な袋を作って「代用胃(パウチ)」とする方法を積極的におこなっています。また 胃切除術、大腸切除術に関してはクリニカルパスを導入しています。消化器疾患で頻度の高いものの一つに急性虫垂炎があります。全身麻酔で腹腔鏡下虫垂切除 術にも取り組んでいます。

 

《 内視鏡下手術 》

お腹や胸に 小さな傷をつけて、小さなカメラ(腹腔鏡や胸腔鏡などの内視鏡)や器具を挿入してモニター画面を見ながら、手術を行います。小さな傷で手術が できるため、術後の痛みが少なく、退院も早くなります。また基本的に傷は埋没縫合を行っており、術後の傷が少しでも目立たなくなるように工夫しておりま す。

img01

 

内視鏡下手術には次のようなものがあります。

1)胸腔鏡下手術
自然気胸、肺癌(原発性・転移性)、肺生検、縱隔腫瘍切除等に対して行っています。

2)腹腔鏡下手術
食道良性腫瘍切除、胃切除術、胃・十二指腸潰瘍穿孔に対する手術、大腸切除術、胆嚢摘出手術、脾臓摘出術、肝部分切除術、副腎腫瘍切除術、腸閉塞対する手術を行っています。

直径5mmの腹腔鏡を導入し、より小さな傷で手術が行えるようになり患者さんに喜ばれています。

 

《 クリニカルパス 》

難しい表現をすると”一定の疾患を持つ患者様に対して特定の結果(outcome)を得るため、医療チームによって行わなければならない必要不可欠な仕事内容と最も望ましい実施順序・実施時期についてまとめたもの。”とされています。
これではちょっとわかりにくいと思いますので、具体的に説明します。
たとえばどこかの旅行会社のツアーで旅行に行くことを想像してみてください。目的地を聞いて、案内地図、旅行の行程表をもらい、いつどこをどうまわって、 どのようにたどり着くか、その過程にはどんなイベントがあるのか等々しっかり説明を受けてからツアー旅行に臨むことと思います(中には何も聞かず飛び込ん でしまう人もおられるとは思いますが)。
クリニカルパスも同じようなものと考えてください。
初めての、もしくは2回目3回目であったとしても、入院し、手術ともなると得も言われぬ不安感に襲われることと思います。そこに旅行案内、日程表等と同じような治療計画表があったらどうでしょう。
クリニカルパスとは患者様が入院してから退院するまでの一覧表形式になっている治療計画表で、言い換えれば患者様の入院生活における案内地図のようなもの です。このクリニカルパスには、自分が何の病気でどういう検査を受けて、どういう治療を受け、どのくらいでどんなことができるように回復していくか等の予 定が一覧表形式で書いてあります。
これをみて、患者様は、自分の今後受ける検査、治療、状態がわかりやすくなります。

 

実際このクリニカルパスを使用することにより次のようなメリットがあります。

  1. 患者様が入院中に自分自身が受ける治療予定がわかる。
  2. 入院中の治療に対する対応が準備できる。
  3. 退院日の予定がたてられる
  4. 標準化、至適化された医療が受けられる。

等があげられます。
当院では入院時に患者さんにクリニカルパスをお渡しし、説明させていただきます。よくわからないこと、こうして欲しいことなど、何なりとご質問、ご要望を出していただけるように配慮させております。

 

【肝臓・胆道・膵臓疾患】

肝臓癌に対しては、小さなものであれば、腹腔鏡や胸腔鏡を用いた切除や、内科・放射線科と連携してラジオ波焼灼法を手術と併用して行っています。
胆道疾患のもっとも頻度の高い胆嚢結石の患者さんに対しては腹腔鏡による手術を原則としています。急性胆嚢炎(いわゆる胆石発作)を起こした方には緊急腹 腔鏡下手術をおこなうことで入院日数の短縮に勤めています。(症例によっては適応とならない場合もあります。詳しくは担当医に御相談ください。)

 

*ラジオ波焼灼法とは
ラ ジオ波焼灼法とはエコーガイド下で腫瘍(癌)に針を刺し、その針の先端からラジオ波を出し誘電過熱することにより腫瘍を壊死させる方法です。以前より行わ れている動脈塞栓術(TAE)より患者様への負担が、比較的少なく、治療回数、入院日数も短くなるという長所があります。(症例によっては適応にならない 場合もあります。詳しくは担当医にお尋ねください。)

 

【ヘルニアおよび肛門疾患】

《 ソケイヘルニア 》

img02

いわゆる脱腸です。足の付け根の筋肉や筋膜が弱くなり、筋肉と筋肉の隙間から腹膜と共に腸などの内臓が皮下に脱出する病気です。いきんだりして、お腹に力を入れると足の付け根(ソケイ部)がふくらみます。
当院では腰椎麻酔下にメッシュという人工の膜で筋肉の隙間を補強する方法で手術を行っており、前日の入院で術後4日目以降退院可能です。

 

 

 

最近では全身麻酔下に腹腔鏡を用いたヘルニア手術(TAPP法)を施行しています。

《 腹腔鏡下手術(TAPP法)》

この手術は腹腔鏡を用いて、ポリプロピレン製メッシュで内側からヘルニアの出口を覆う手術であり、近年、普及してきております。ポリプロピレン製メッシュは50年ほど前から使用され、体内使用の安全性が確認されています。

hernia01

 

 

 

 

 

 

 

《従来法との違い》

  • 手術創が小さい(一般的に3mm~1cmの小さな穴が3ヵ所程度)
  • 再発率が低い
  • 術後の痛みが少ない
  • 入院日数が短い
  • 両側にヘルニアが存在していても、同一のキズ(穴)から同時に修復が可能

詳しくは外来担当医にお聞きください。クリニカルパスを導入しています。

 

【肛門疾患】

日本人の3人に1人はジヌシ(痔主)と言われる事もあるくらい一般的な病気です。ひとくちに痔といっても内、外痔核、痔瘻、肛門狭窄等 いろんな病気があります。
薬で治る場合もありますし、手術したほうが良い場合もあります。痛み、出血、排便困難 などいろんな症状でお悩みの方、ぜひ一度、御相談に来てください。
当院では内、外痔核、痔瘻、肛門狭窄等の肛門疾患に対する手術を行っています。手術は前日入院で術後4日目以降に退院可能です。クリニカルパスを導入しています。新しい内痔核治療法「ジオン注射療法」を始めました。

 

【食道・肺・縦隔疾患】

食道癌、肺癌、気胸、肺気腫、縱隔腫瘍に対する診療を行っています。通常の手術に加えて内視鏡による手術も行っています。

 

【気 胸】

気胸は若い痩せ形の人や高齢の肺気腫の人に多い疾患です。肺の一部や多くの部分が気腫性変化を起こしたり、風船状になったりします。これが破れると空気が 胸の中に漏れて呼吸が困難になり、痛みなども出ます。そこで内視鏡手術で敗れたところを周囲の正常なところを一部つけて切除します。これで空気の漏れはな くなり、治癒します。

 

 【乳腺・甲状腺疾患】

乳腺疾患は主として乳腺腫瘍について診断治療を行います。
乳癌検診で精密検査が必要といわれた方や、乳腺にしこりのある方についてはマンモグラフィー、超音波検査を行い、必要な方には穿刺吸引細胞診を行って診断 を行います。さらに、必要ならマンモトームという特殊な機械を使って、レントゲンや超音波ガイド下に組織を吸引採取して生検組織診をします。最近増加して いる乳癌に対しては、術前にCTやMRIを駆使して、病変の局在やリンパ節転移の有無などを詳細に検索した上で、大部分の症例で乳房温存療法とセンチネル リンパ節生検を行って手術侵襲の軽減に努めております。また、術後放射線治療や術前、術後のホルモン療法・化学療法も積極的に行っています。これらの診断 治療には日本乳癌学会認定医3名と専門医2名(このうち1名は女性です。)が乳癌治療のガイドラインに則って行ってます。乳癌治療にもクリニカルパスが導 入されています。甲状腺疾患については、放射線科・耳鼻科と協力しつつ診断治療にあたります。

img03