特色・対応疾患

 

病理診断科について

病理診断科は病気の診断の確定や治療に深く関わっている部署で、病理組織診断、術中迅速診断、細胞診断、病理解剖等を行っています。これらの病理診断業務は、 医師免許が必要な“医行為”です。当院の病理診断は、常勤病理医1名(日本病理学会認定病理専門医、日本臨床細胞学会認定細胞診専門医、日本臨床検査医学会認 定臨床検査専門医)、非常勤病理医2名(日本病理学会認定病理専門医)で主に行っています。

 

病理組織診断

胃カメラや大腸ファイバーで採取した組織片から標本を作って顕微鏡で観察し、良性か悪性かを診断します。このほかいろんな臓器からの組織標本を作り診断し ます。手術で取り出した臓器から多数の標本を作り、腫瘍が良性か悪性か、癌ならば浸潤しているかどうか、広がりはどのくらいか、転移はあるかどうか等を肉 眼や顕微鏡標本を観察して診断します。その結果により、手術後の抗癌剤の適用等が決定されます。なお、極めて稀な例や難解例については外部の各臓器の専門 家に積極的にコンサルテーションに出して病理診断を確定しています。

 

術中迅速診断

癌の手術中に必要が生じた場合に、切除した臓器の断端の部分やリンパ節に癌があるかどうかを調べる検査です。提出された組織を凍らせて特別な機械で薄く 切って染色し、顕微鏡で観察・診断し、報告します。この間約15分で、この結果により手術の切除範囲やリンパ節の郭清の程度が決まります。迅速性と正確さ が要求される重要な検査です。

 

細胞診断

img02

尿、喀痰、子宮頚部の擦過細胞等の材料から顕微鏡標本を作り、癌細胞を探して膀胱癌や肺癌、子宮癌等の診断をします。この検査は患者さまに苦痛を与えずに 材料が取れる利点があります。また最近では多少痛みを伴いますが、乳腺や甲状腺等の腫瘤に直接細い針を刺して細胞を取り検査する方法も行われます。この場 合、腫瘤から直接細胞を取るため診断の精度が高くなります。当院では病理医1名、日本臨床細胞学会認定細胞検査士 3名が細胞診断業務を行っています。

 

病理解剖

病院で病気が原因で亡くなった患者さまに対して遺族の承諾を得て行う解剖です。なぜ亡くなったのか、病気がどこまで進んでいたのか、治療の効果はどうだっ たのか等を調べるために行います。患者さまが受けられる最後の正確な診断の機会です。症例によっては、多くの医療スタッフが参加する院内の臨床病理検討会 (CPC)で検討され、医療の実践の検証を行い、この結果は次の医療を向上させます。