教育制度と実務実習のご案内

教育制度

指導の認定薬剤師が多くいる環境で、

他職種による協力的な指導体制の元

基礎研修期間にすべてを経験し、

どの分野にも対応できるジェネラリストと、

その後のスペシャリストを目指す

 

 新人薬剤師対象

多くの病院で6カ月以内に日当直ができるように養成されますが、当院ではこの期間に、麻薬を含んだ調剤・注射業務は勿論、製剤業務、TPNカクテル業務、抗癌剤無菌調整等の体験型研修期間があり、薬剤部内のほとんどすべての業務に対応できるようになっています。

日当直に対応できるように行なっている4~6カ月型の教育プログラムを紹介します。

最近行っている4カ月型は、中途採用の経験者等、習得度によって短縮できるところを見極めながら行なっています。

kyoikus_s

 

院内研修の機会

      • 週1回 薬剤師による情報提供(専門病棟等の実例、学会報告、自己学習した内容等)
      • 週1回 各チーム医療活動に参加した薬剤師からの情報提供
      • 週1回 新薬等説明会
      • 週1回 研修医対象勉強会(全ての職員が受講可。薬剤師にも好評)
      • 週1回 NST勉強会(全ての職員対象)
      • 月1回 糖尿病勉強会
      • 月1回 院内集談会(各医療者から事例、研究テーマが報告される)
      • 年数回 製薬会社によるWeb講演会
      • 年数回 院内感染対策研修会
      • 年数回 医療安全対策研修会

 

薬剤師ジェネラリスト養成制度/入社後2年間 (現在検討中)

maeta2通常業務の一部に本制度を組み込み、通常業務のレベルを落とすことなくジェネラリストへの道をつけます。

1年間は各種認定薬剤師による各分野に対応できる幅広い知識と体験をした新人薬剤師を養成します。次の1年間で、他職種による体験型研修を受け、薬物治療を活かすための知識と経験を積みます。これにより従来の薬剤師が独自に克服してきた食事、リハビリ、検査、画像、看護、社会保障制度等の分野の理解と協力体制が整い、薬物治療だけでは対応できない問題へのチームでの関わり、薬の効果、副作用の確認等がより正確に行えるようになります。

 

薬剤師スペシャリスト養成制度/3年目以降  (現在検討中)

目標としている分野への委員会等へは1年目から入れますが、ジェネラリストになっていないkanfa2薬剤師への相談に対する対応は質が問われる場合がありますので、幅広い知識をつけた上で、その人の個性、志向に沿ったスペシャリストを目指すことができます。当院には各分野での認定薬剤師がいますので、より教育を受けやすい環境にあります。その上で、初期2年間で培った他職種との関係により、より質の高い、他職種のニーズに応えられるスペシャリストに向かうことができます。

 

 

病院実務実習を希望される薬学5年生の皆さんへ

 鳥取赤十字病院における実務実習の特徴

    1. 講義中心ではなく、実際の現場での実習を多く取り入れています
    2. チーム医療である他職種を含めた多彩な教育体制を取っています
    3. 特殊性の高い実務に関しては、近隣の施設とグループを組んで実習していただける体制を整えています(例えば、精神科病院・ホスピス・血液センター等)
    4. DMATの組織にも当院薬剤師は入っており、大災害時には救護班として何人も出動しており、災害時における薬剤師の役割について、学ぶ事ができます
    5. 薬剤管理指導に関わる期間を多く設けています(シャドー見学・手術見学・外科系・内科系の患者を担当)

 

薬学生の方は、下記のことに留意して実務実習に臨んで下さい。

 

 実務実習の心構え

jishu1

個人の判断だけで行動せず、また医療人として守秘義務を守る等の自覚と責任を持ち、実務実習指導薬剤師の指示に従って実習を行なって下さい。

 

 実習開始日までの準備

jishu4

鳥取赤十字病院の概要について病院ホームページで確認しておいて下さい。また薬学共用試験OSCE(オスキー)や実務実習事前学習を再度、復習しておいて下さい。

 

 実習開始日に持参するもの

    • 白衣
    • 印鑑(調剤印などにも使用するシャチハタ(なければボールペンによるサインとなります))
    • 上履き(スリッパ等の踵の無いものは使用できません)
    • 筆記用具
    • 名札・・・当院でご用意します
    • 病院実務実習評価表(大学の指導教官に相談して下さい)
    • 健康診断証明書(大学の指導教官に相談してください)
    • 抗体検査結果報告書(麻疹、風疹、水痘など。手元にない学生は大学の指導教官に相談して下さい)

 

 実習開始日の集合時間および集合場所

集合時間:8時10分   集合場所:薬剤部おくすりカウンター付近

※ スタッフに声を掛けて頂ければ、更衣室あるいは実習生控室へご案内します。朝礼は8時25分に始まります。

 

 実習時間

月曜日から金曜日 8:30~17:10

 

 更衣ロッカー

更衣室に施錠可能なロッカーがあります。貴重品は各自保管して下さい。

 

 院内のパソコン端末

jishu3

指定の端末が用意されています。ウイルスチェック等の事前説明があります。

 

 実習机などの環境状況

机・椅子などを設置し、予習や復習が可能な環境整備をしています。

 

 昼食について

薬剤部内にも食事スペースはあるのでお弁当持参も可能です。院内に売店もあり、病院の前にはコンビニエンス・ストアもありますし、仕出し弁当を注文することも可能です(1 食300~500 円)。

※ 食事時間に薬品メーカーの説明会が開催されることがあります。

 

 病院への往復について

jishu2

なるべく公共交通機関を利用して下さい(無料の駐車場は用意されていません)。自転車を利用する学生は必ず職員用駐輪場を利用して下さい。また往復の服装は、鳥取赤十字病院に通う学生・医療人に適した服装(スーツ等)として下さい。第2 期の実務実習中の夏期期間はクールビズで構いません。

 

 院内・院外研修会(集合研修)

感染症や抗がん剤など多岐にわたる分野での院内・院外研修会が早朝および夕方に、さまざまな場所で開催されています。研修会参加を希望する学生は、参加することができます。

 

 その他

患者さまに安心して気持ちよく療養生活を送って頂くため、実習生は極端な茶髪やマニュキュアは避け、長い髪は束ねられるよう準備してきて下さい。白衣や下履きなどの清潔感を心掛けて下さい。

 

 問い合わせ

不明な点に関しては、下記の担当者まで電話連絡して下さい。
電話の際は、当院電話交換士に「所属大学」、「氏名(フルネーム)」、「電話の目的」を申し出て下さい。

お問い合せ:鳥取赤十字病院 0857(24)8111(代表)

薬剤部   米田 栄子 (認定実務実習指導薬剤師)
薬剤部長  國森 公明 (認定実務実習指導薬剤師)