リハビリテーション課

理学療法(PT:Physical Therapy)とは?

  • 理学療法士が病気やケガなどによって身体が不自由になった人々に対し、座る、立つ、歩くなどの基本的な身体の能力の回復や向上、または新たにそれらの能力を獲得するために運動療法や物理療法、日常生活動作訓練などの手段を用いて個別に訓練を行います。
  • 運動療法では関節可動域訓練、筋力増強訓練、起居動作訓練(起きる・座る・立つ等)や歩行訓練、応用動作訓練などを実施しています。また物理療法として温熱などを用い痛みの改善や環境機能の改善を目指します。

 

img01

img02

PT2_2PT1

 

作業療法(OT:Occupational Therapy)とは?

img04

作業療法士が生活場面における問題点を評価し、いろいろな作業活動を通して機能の回復に向けた治療・訓練を行います。また残された機能を最大限に活用できるよう家庭・仕事への復帰を目指すお手伝いや家族に対する支援を行います。

 

①食事、更衣、排泄、入浴などの日常生活活動訓練
②炊事、洗濯、掃除などの家事動作訓練
③作業を介しての機能訓練
④利き手交換
⑤自助具の考案・作成
⑥家屋改修への助言・指導等の手段を用いて対象者のQOL(生活の質)向上
などを行います。

OT_2

 

言語聴覚療法(ST:Speech-Language-Hearing Therapy)とは?

img03

脳血管障害などの後遺症で言語・構音・音声・嚥下に障害をもつ方々に対して、言語聴覚士が、障害を的確に把握した上で、各個人にあわせてプログラムを作成 し、定期的に指導・訓練を行います。各種の機能訓練、心理面へのアプローチ、周囲環境調整・指導等を行いながら、実用的なコミュニケーション能力の向上を 目指します。また、音声表出によるコミュニケーションが困難な方には、代替的なコミュニケーション手段の検討も行います。

ST_2

 

リハビリテーション課における認定療法士

呼吸療法認定士
糖尿病療養指導士

心臓リハビリテーション指導士

 

新人教育プログラム

教育理念

・科学的証拠に基づいた医療の実践を行う

・良質な医療者を生む教育を充実させる

 

教育目標

・社会人・組織人としての自覚を持ち責任ある行動ができる

・研修を通して基本的な知識を学習できる

・基本的な技術が安全・確実に実践できる

・チームメンバーの役割と責任を果たすことができる

・業務内容を理解できる

 

年間スケジュール

入社時オリエンテーション後(約1週間)から1年間の新人教育を行い、徐々に受け持ち症例数を増やしながら独り立ちを支援します。

 

 

病院見学・実習希望者について

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を目指す学生の方、
また、すでに資格をお持ちの方を対象に、随時病院見学を行っています。
見学時間、内容はご相談に応じます。
お気軽にお問い合わせください。

 

≪お問い合わせ先≫
リハビリテーション課 【担当】 大寺、吉田彩子
TEL: 0857-24-8111  FAX: 0857-22-7903