感染管理室

【感染管理室】の紹介

組織横断的に院内感染対策活動を行うために、感染管理室が設置されています。1名の兼任の室長と、1名の専従の感染管理認定看護師で構成されています。

【組織図】

1.感染管理室のねらい
1)組織として感染対策に取り組む。

2)職員が感染対策に取り組める環境を整備する。

3)地域の医療機関と連携して感染対策に取り組む。

4)赤十字ネットワークを活用し、院内外や国内外における感染対策に取り組む。

2.院内感染対策委員会

院内における感染防止対策について、検討及び協議することを目的として設置されています。
院内感染対策委員会は、院長・事務長などの病院幹部と、医師、薬剤師、検査技師、理学療法士、管理栄養士、事務、助産師、看護師など、各部門の責任者が集まり、委員会を組織しています。

【院内感染対策委員会の検討・協議内容】

1)院内感染防止対策の検討及び推進に関すること。

2)アウトブレイク対応及び原因究明に関すること。

3)院内感染等の情報収集に関すること。

4)院内感染防止等に関する職員の教育・研修に関すること。

5)その他、院内感染について必要な事項に関すること。

3.院内感染対策チーム会(以下ICTと略する)

ICTは、院内感染対策委員会の下部組織として、院内で起こる様々な感染症から患者様や、働く職員のために活動を行っています。ICTは、医師をはじめ、薬剤師、検査技師、理学療法士、管理栄養士、事務、助産師、看護師などのさまざまな職種が集まり、職種間の組織横断的に病院全体の感染対策活動に従事しています。

1)ICTの活動目的

①院内感染対策委員会の決定事項を周知徹底・推進する。

②感染症発生時に、迅速・的確に対応する。

③感染対策に関するコンサルテーション(相談)・指導を行う。

2)ICT(感染対策チーム) ラウンドメンバー(主なメンバー)

職種 人数 資格
医師 2名 感染制御医師(infection control doctor)
看護師 1名 感染管理認定看護師: 専従
助産師兼看護師 1名 感染管理認定看護師: 兼任
薬剤師 2名
臨床検査技師 1名

2017.9月現在

4.主な活動内容

1)院内ラウンド

医師、検査技師、薬剤師、看護師などで、週に1~2回全病棟をラウンドしています。このラウンドは、環境ラウンド、培養陽性患者ラウンド、新規感染者ラウンド、抗菌薬ラウンドを兼ねており、現場での感染対策の実施確認や指導、評価やフィードバックなど行っています。また、病棟以外の手術室や内視鏡センター、透析室、外来など全部門へのラウンドも定期的に行っています。

2)抗菌薬適正使用に向けた取り組み

当院では抗菌薬の耐性化を防止するために、カルバペネム系、ニューキノロン系、MRSA治療薬の各抗菌薬を薬剤部への「届出制」としています。耐性化を回避するために必要な早期間完治に向けて、感受性、投与量、投与期間、病巣等を確認し、修正が必要と思われる点があれば随時主治医へ連絡しています。TDMを必要とする抗菌薬(VCM、TEIC、VCNZ、GM)については、有効血中濃度になるように初期のシミュレーションと、後日血中濃度の測定と有効性の確認作業が行われます。
年間を通しては、抗菌薬毎のDDD(標準投与量)との差異、検査部と連携して総使用量と感受性の変化を監視し、院内感染対策委員会へ報告することで病院としての耐性化防止に取り組んでいます。

3)サーベイランスの実施

厚生労働省サーベイランス事業参加

【検査部門】

細菌検査の結果から、分離頻度や抗菌薬感受性に関するデータを収集し、薬剤耐性菌の分離状況を把握しています。

【全入院患者部門】

全入院患者を対象とし、薬剤耐性菌による感染症患者の発生に関するデータを収集し、活動に活かしています。

➢手術部位感染部門(SSI)

手術後に発生する手術部位感染(SSI)に関するデータを収集し、手術後感染予防対策に活かしています。

➢カテーテル関連血流感染サーベイランス

血管内留置カテーテル関連の菌血症発生に関するデータを収集し、活動に活かしています。

➢鳥取県院内感染対策サーベイランス事業参加

薬剤耐性菌の発生状況など、鳥取県内の施設のデータと比較し、活動に活かしています。

➢鳥取県手指衛生サーベイランス事業参加

手指衛生に関して、鳥取県内の施設のデータと比較し、活動に活かしています。

➢手指衛生サーベイランス

感染対策リンクナース会が中心となって、手指衛生サーベイランスを行っています。

4)感染対策に関した教育

・全職員を対象にした感染対策に関する研修を、年に2回以上実施しています。

・看護師以外の多職種を対象にしたリンクスタッフ研修を年に6回行っています。

・感染管理認定看護師による公開講座を、地域に公開して行っています。

5)院内感染対策マニュアルの作成・改訂

各ガイドラインや諸事情に沿ってマニュアルの作成・改訂を行い、マニュアルの整備をし、医療関連感染症の発生予防に努めています。

6)地域連携・院外活動

・感染対策防止加算1施設同士での相互評価を行っています。

・感染防止対策に関するカンファレンスを感染対策防止加算2施設と実施し、情報交換など行っています。

・鳥取県感染制御地域支援ネットワーク並びに東部圏域感染制御地域支援ネットワークに参加し、鳥取県内の医療機関等の院内感染対策を支援する活動を、ネットワーク参加施設と共に行っています。