ホーム > Voice > 新人看護師

新人看護師

新人研修の様子

新人研修の様子

 

新人研修の様子 新人研修の様子

新人研修の様子 新人研修の様子

新人研修の様子 新人研修の様子


鳥取赤十字病院に就職して

福本 郁未

   当院に就職して約2週間が経ちました。
 徐々に新しい環境にも慣れ、同期の仲間と一緒に少しずつ前に進みながら頑張っています
 当院の特徴として、3ヶ月の新人研修があり、これから病棟ブロック研修が始まります。不安と期待の気持ちがありますが、患者さんの疾患を理解し、必要な看護ケアを考えていこうと思います。また、ブロック研修の合間に看護技術の研修があるので自信を持ってケア出来るように学んでいきたいと思います。
 今は必死に知識を取り入れるだけで精一杯ですが、自分が理解出来ていないこと、不得意なことを少しでも減らし、自信を持った看護が出来るようにしたいです。3か月後、新人看護師の印である桜バッジを取ると思うと不安ですが、配属先で一生懸命頑張っていきたいと思います。

秋田 拓之

 鳥取赤十字病院ではおよそ3ヶ月間の研修期間が設けられています。その研修の中で、臨床の場で必要となる技術や知識を、それぞれの分野の看護師さんから丁寧にご指導していただけます。
 さらに、ローテーション研修では各診療科で実際に学んだ技術と知識を実践し、より深めることができます。
 病院では女性職員の人数が多いですが、職種に関わらず男性職員の方々が気さくに話しかけてくださいます。同期の男性看護師は私を含め3名ですが、とても仲良く研修に臨んでいます。

安部 柚実

 鳥取赤十字病院に就職し1ヶ月が経ちました。県外の大学で看護学を学び、地元である鳥取市で看護師として働いていくことができ、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。新たな環境での生活は緊張と不安でいっぱいでしたが、職種を越えた同期のつながりや、先輩看護師さんの手厚いご指導で充実した生活を送っています。
 現在、私達は新人看護師研修を行っています。社会人としての心構え、マナーの研修、基本的な看護知識・看護技術を再確認し実践していく集合研修、他部署研修など様々な研修を受けています。
 これからは実際に病棟での研修が始まり、より実践的な看護を学んでいきます。
 分からないことがまだまだたくさんありますが、常に「なぜだろう?どうしてこうなるのだろう?」と根拠を追い続けることを忘れずに勤務していきたいと思います。

戻るホームへ