ホーム > Voice > 先輩看護師

先輩看護師

鳥取赤十字病院で働きだしてから1年の先輩看護師に、今の心境をインタビューしました。

看護師になって1年たった今

C4病棟 平井 憲子

   4月で看護師になって1年が経ちました。最初は何も分からない状態でちゃんとやっていけるか期待よりも不安が大きかったですが、先輩看護師や同期の仲間に支えられ、ここまでやってこれました。配属前には3ヶ月の新人研修があり、ローテーション研修ではそれぞれ病棟の雰囲気を知ることができ、長日勤や夜勤を経験することで配属までに働くイメージがつきやすくなりました。
 配属されてまもなく患者さんの死に直面することがあり、急変時に遭遇したこともありました。そのときに自分はどうしていいか分からず何もできなかったのを覚えています。先輩の迅速な判断や行動、家族との関わりを見て、学んだことを振り返り、自分がすべきことは何か、何ができるのか考えることが大切だと感じました。思い悩むこともありますが、その中で患者さんが名前を覚えて下さったり、「ありがとう」の言葉を聞けたときは、嬉しく感じます。
 まだまだ知識、技術ともに未熟でできないことが多いですが、少しずつ自分にできることを増やし、患者さんの立場で考えていけるよう頑張りたいと思います。

C4病棟 松田 英里

 去年の春、不安と期待の気持ちでいっぱいの中で私は新人看護師として働き始めました。3ヶ月の研修の中で様々な技術を経験し、いろいろな病棟を回り、それぞれの病棟の魅力を感じるなかで、行きたいと思う病棟を見つけることができました。
 現在、私はC4病棟に所属しています。患者さんに指導する機会も多く、以前は自身の知識不足もあり、一般的な指導で精一杯でしたが、今では少しずつではありますが、患者さんの不安や思いを引き出しながら指導が行えるようになりました。
 今後は1年目で学んできたことをふまえ、患者さんの生活背景や不安なことを把握して、退院後も自信を持って自己管理できるようになっていただけるような指導を行っていけたらと思います。
 また、1年目に比べ、求められるものも高くなり、重要な役割を担うことも増えていくと思います。責任感を持ち、1年目に抱いた気持ちを忘れず自主的に様々なことを経験していきたいと思います。

C5病棟 清水 光香

 就職したばかりの頃は看護師として働くことに不安を持っており、とても緊張していました。3ヶ月の研修期間で様々な技術研修や他病棟でのローテーション研修を経験することができました。
 配属後は忙しい毎日で覚えなければならないことや自分のことで精一杯でした。専門的な検査、治療が多く自分の知識や技術に不安があるなか、丁寧に指導してくださる先輩方のおかげで、少しずつ経験していくことができました。自分の判断では不安なことが多いため、先輩に相談しながら行うように心がけています。忙しい時など周囲のことが見えなくなることに自己嫌悪したり、失敗したとき周りのスタッフに迷惑をかけ落ち込むこともありました。そんなときに支えてくれたのは同期の仲間の存在や病棟の先輩方の励ましの言葉でした。
 1年間は長いようであっという間で、1年が経過しても経験が足りない技術や勉強不足な部分があります。自分の課題であることを少しでも解決していくためにも1年目の自分よりもさらに2年目の今年は向上心をもち学ぶ姿勢を常に持って経験を積み重ねていきたいと思います。

鳥取赤十字病院には、働きながら様々な資格を取得している看護師が多くいます。

先輩看護師に取得している資格について紹介してもらいました。

呼吸療法認定士

B3病棟 田中 菊枝

 呼吸療法認定士は、3学会(日本麻酔科学会・日本胸部外科学会・日本呼吸器学会)認定呼吸療法士であり、平成23年2月現在、当院には7名がその資格を有しています。内訳は、理学療法士が2名、看護師が5名となっています。資格更新も3回目を迎えようとしている人から昨年取得した人まで様々で、内科系・外科系と看護師の配属部署も異なります。
 「少しでも患者様の回復に貢献したい」「関わるスタッフの悩みや問題解決を図り呼吸器ケアの質を上げたい」という熱い情熱が開花し、念願の呼吸器ケアサポートチームが立ち上がりました。今年はまず人工呼吸器装着中の患者様のところへ1週間に1回出向き、呼吸器の設定条件と患者様の状態、ケアに関する問題や相談などに応じています。また、人工呼吸器のマニュアル作成なども行っています。
 取得した資格を活かせ、また院内での活動を通して職種を超えて語れる場があることは楽しくもあり心強くもあります。

糖尿病療法指導士

C4病棟 前川 幸子

 糖尿病は、治療や新しい薬の開発が大きく進んでいる中で、食事の欧米化や運動不足、肥満傾向などの問題から患者数は年々増加の一途をたどっています。また合併症を伴う患者も増加し、患者だけでなく家族や社会にも大きな問題となっています。
 糖尿病は良好な血糖コントロールを行うことで合併症の予防・進展の防止につながり、病気を抱えていても自分らしい生活や家族や周りの人とよりよい時間を過ごすことができます。
 私は多くの患者様に少しでも日常生活の中で楽しい時間や自分らしいライフスタイルを維持してもらえるような指導が提供できるようになりたく、糖尿病療養指導士(CDE)を目指しました。今回CDEに合格したことで、今までより多くの知識を得ることができ、また自分自身の自信につなげることができました。
 今後はCDEの先輩や多くのスタッフの方と協力して、個々の患者様や家族に合った療養指導や予防活動に関わっていけたらと考えています。

戻るホームへ