ホーム > Voice > 認定看護師

認定看護師

感染管理認定看護師 大畑 悦子

 感染管理認定看護師は、患者さんだけでなく、ご家族、病院職員、ボランティア、外部委託職員など、病院に関わるすべての人々を感染から守るために、多職種からなる感染対策チームの一員として活動を行っています。
 主に感染対策チーム及び看護部リンクナースとの院内ラウンドを行い、日常的に行われている感染対策の改善や指導・相談などを行っています。
 その他、感染対策マニュアルの整備(作成や改定)、感染症発生状況の把握や対応、外部委託職員も含めた手洗い研修・教育など、組織横断的に活動を行っています。
 感染防止対策活動を行い、患者さん、ご家族、病院に関わる全ての人々が安心できる病院環境を整えたいと思います。

摂食・嚥下障害看護認定看護師 森下 智佳

 超高齢化社会を迎え、摂食嚥下障害患者は増加傾向にあります。脳卒中や神経疾患、口腔・咽頭疾患等が原因のほか、加齢に伴う変化により摂食嚥下障害が出現する場合も少なくありません。摂食嚥下障害は食事摂取量の低下はもとより誤嚥による肺炎や窒息を招く恐れもあるため食事摂取方法や食事形態の工夫、嚥下訓練などにより安全に食べられるケアを行う必要があります。
 現在の活動は摂食嚥下障害のある院内全入院患者対象に嚥下評価や訓練などを実施しています。噛めない、飲み込めないという様子は同じでも、どの筋肉、脳神経に障害があるのかによって食事摂取姿勢や訓練内容は異なります。それを見極め、安全に楽しく食べられるためのケアを各病棟看護師とカンファレンスしながら組織横断的に活動しています。実践の中では患者さんが口から食べられるようになり、「おいしい」という声や喜びの笑顔を身近で接する機会があります。患者とともに喜びを分かち合えることで日々の更なる看護への意欲をもらっています。
またその他の活動として看護スタッフの指導や相談に対応したり、嚥下チームで病院食の改善を行うなど多職種と連携しながら食べる事へのアプローチも行っています。さらに院外からの研修依頼も多く、院内での公開講座研修を行うなど院内外を問わず摂食嚥下障害看護分野における知識・技術の普及にも努めています。これからも口から食べる喜びを一人でも多くの方に提供出来るよう院内外を問わず活動していきたいと思っています。

糖尿病看護認定看護師 田淵 裕子

 糖尿病は、患者さん自身が血糖値を良好に保つための知識を身につけ一生にわたって自己管理していくことが必要となります。長年行ってきた生活習慣を変え、一生自己管理していくことは簡単なことではありません。
 糖尿病看護認定看護師は、糖尿病を持ちながら生活する患者さんに、健康な生活ができるように具体的な指導を行います。そして、患者さんができる方法を一緒に考え、実行できるように支援します。現在、私は内科病棟に所属しています。毎週火曜日は、外来にて看護相談、フットケアを実施しています。看護相談では、「血糖を良好に保つためにしなければならないことはわかっているがなかなかできない」「食事療法、運動療法を頑張っているのに血糖がよくならない」など糖尿病を自己管理していくうえで困っていることの相談に応じています。フットケアでは、糖尿病が原因で起こる足の病気を予防するための方法を指導しています。患者さんは糖尿病とうまく付き合っていける力を持っています。その力が十分に発揮できるように支援することが糖尿病看護であると感じています。
 また、病棟からの相談依頼に応じたり、院内の糖尿病医療チームである糖尿病教育推進委員会や糖尿病看護院内登録看護師と連携し、糖尿病看護の研修を行ったりして糖尿病看護の質の向上に努めています。
 糖尿病患者さんが糖尿病とともにその人らしいよりよい人生を送れるように、患者さんの生活を理解して支援していきたいと考えています。今後、施設にとどまらず患者会、地域と糖尿病ケアネットワークを作り、糖尿病患者さんだけでなく糖尿病発症予防にも関わって行きたいと考えています。

認知症看護認定看護師 澤 真由美

 高齢者の方の入院は、精神的にも大きなストレスとなり、不安や混乱の原因になることがあります。認知症のある方もまた同じように入院による不安や混乱のため症状が悪化する可能性があります。そのため自宅とは違う慣れない環境の中でも不安や混乱を軽減できるように、看護師の言葉がけや対応と患者さん、ご家族を交えて、さまざまな職種との連携が必要となります。
 2025年にむけて高齢者の増加、認知症高齢者が増加すると予測される現在、当院にも治療を必要とする高齢患者さん、認知症患者さんも増加すると考えられます。そのような中でも「日赤に入院してよかった」と感じていただけるよう、高齢患者さん、認知症患者さんの症状が悪化せず元の環境に戻れることを目標に活動しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 山根 陽子

 皮膚・排泄ケア認定看護師とは、床ずれやその他の傷のケア、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)のケア、尿や便もれに対するケア等を専門に行う看護師のことです。
 中部・東部の皮膚・排泄ケア認定看護師はまだ6名しかいませんが、介護士や訪問看護師へのストーマケアセミナーの開催、看護協会や他施設での創傷ケア講習、ストーマ患者会での講演など、情報交換をしながら地域へ向けた活動をしています。
 院内では、もう一人の皮膚・排泄ケア認定看護師と2人で、1週間ごとに交代しながら活動しています。活動内容は、毎週火・水・木曜日の午前中はスキンケア外来(火・木は消化管ストーマ、水は尿路ストーマが中心、予約制)、火曜日の午後は褥瘡(床ずれ)の回診を褥瘡対策チームと共に行っています。その他の時間は、院内の患者さんのケアやスタッフからの相談対応、新人看護師やスタッフへの講義等を行っています。
 当院を受診された患者さんで上記についてお困りの場合はぜひご相談下さい。

皮膚・排泄ケア認定看護師 浜本 良恵

   皮膚・排泄ケア認定看護師とは「創傷ケア」「ストーマケア」「失禁ケア」の3分野にわたり、専門的にケアを行う看護師のことをいいます。健康を害した皮膚ならびに皮膚障害のリスクの高い脆弱な皮膚に対するスキンケアを中心に、褥瘡や瘻孔・下腿潰瘍・化学療法や放射線療法に伴う皮膚障害などの創傷管理や、ストーマ・失禁などの排泄管理、患者さん・ご家族のセルフケア支援などを行っています。
 スキンケアや排泄ケアは看護の基本となるもので、患者さんの生活の質に大きく関わってきます。専門的知識や技術を用い、患者さんがよりよい入院生活が送れるよう、また安心して自宅や地域で生活できるよう質の高い看護を提供していきたいと考えています。
 活動内容
・褥瘡回診:医師・薬剤師・栄養士・理学療法士などで構成される褥瘡対策委員会で、院内の全褥瘡患者さんを回診し、局所処置方法、ポジショニング方法、栄養改善などの検討を行っています。
・スキンケア外来(予約制):火・水・木の午前中、ストーマを保有される患者さんのストーマ周囲の皮膚トラブルや合併症のケア・指導などを行っています。また最近では化学療法による皮膚障害へのケア、糖尿病やPADによる下肢潰瘍へのスキンケアなども行っています。
・病棟ラウンド:病棟からコンサルテーションのあった創傷やストーマ患者さんのラウンドを行い、ケア方法の検討をスタッフとともに行っています。
・院内外での研修会や学習会の実施

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 松浦 未佳

 脳卒中(主に脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)は寝たきりの原因第1位です。寝たきりになると患者のみならず家族の人生も変えてしまいます。また脳梗塞では、3人に1人が5年以内に再発すると言われています。脳卒中により損傷をうけた脳組織を補うための機能が備わっており、それを刺激するためには入院時からリハビリテーションを開始する必要があることがわかってきています。
 急性期である当院の目標は、重篤化を回避し廃用症候群を予防しながら日常生活の早期自立を支援することです。認定看護師として病棟スタッフと共に患者が障害を持ちながらも主体的な生活を送ることができるよう活動を行っています。病棟スタッフと一緒に肺炎予防の体位を考え、病棟で出来るリハビリプログラムを作って実施しています。またリハビリテーション課と協働し座る時の姿勢や移乗動作のポイントを個別に作成しています。
 当院は脳卒中地域連携パスを使用しており、当院を退院しても障害や療養に関する情報、患者さん・ご家族の思いを転院先の病院のスタッフへ伝えていくことが大切であると考え、情報共有の為の話し合いも定期的に行っています。脳卒中地域連携パスを使用し他施設と協力して脳卒中患者さんの療養生活を支えています。

緩和ケア認定看護師 香河 洋子

 緩和ケアはがんと診断された時から人生最期の時を迎えるその時まで、患者さんとご家族の意思を尊重し、その人らしい生を支えることを目標としています。緩和ケア認定看護師の専門分野は、がん治療(化学療法・放射線治療等)のサポート、身体症状(痛み・嘔気・嘔吐・便秘・呼吸困難症状・浮腫・倦怠感等)や精神症状(不安・悲嘆・せん妄・うつ等)の症状緩和、また社会的・スピリチュアルな問題への対応、そしてご家族へのケアと退院・在宅支援などです。
 現在は健診センターに所属しながら院内を横断的に活動しています。病棟や外来、外来化学療法室等、依頼があれば出向き、緩和ケアの提供や教育を行っています。緩和ケアチームのメンバーや化学療法室のスタッフなど様々なスタッフとの連携をとり、チームで痛みやその他の症状で苦痛を感じている患者さんとご家族の方がその人らしく生きることを支援し、苦痛緩和に努めています。
 今後も多くの医療者の方の協力をいただきながら、当院のがん看護の質の向上に努めるとともに通院、入院されている患者さんやご家族の支援に力を入れていきたいと思います。日々の出会いを大切にしながら、少しでも患者さんやご家族のご希望に添えるよう、一緒に考え歩んでいきたいと思います。

がん化学療法看護認定看護師 田中 久子

 がん化学療法とは、抗がん剤などのがん化学療法薬により、がん細胞の撲滅・減少をめざす薬物療法で、治療効果ばかりでなく、副作用を伴う治療です。他のがん治療法と比べ、治療期間も長期間となります。
 がん化学療法看護は、抗がん剤の安全な取り扱いと適切な投与管理、副作用のマネジメントと化学療法を受ける患者・家族のセルフケア支援が大切と考えています。
 第2中央処置室で、確実・安全・安楽に化学療法が継続できるように、患者さんの状況に合わせたセルフケア指導を中心に看護実践をしています。がん化学療法認定看護師として、病棟で化学療法を受けられる患者さんの副作用症状マネジメントや病棟看護師からの相談対応、がん化学療法看護に関する研修などの活動をしています。緩和ケア認定看護師と共にがん患者さんの相談支援をしていきたいと取り組んでいます。
 がん化学療法は、新しい薬剤が保険承認され、新しい治療法が行われるなど日々変化しています。患者・看護師に適切な指導や看護提供ができるよう情報収集や学習に努め、がん化学療法看護の質の向上を考え、活動の幅を拡大していきたいと考えています。

戻るホームへ