ホーム > 看護部について > 看護体制・看護方式・勤務体制

看護体制・看護方式・勤務体制

看護方式

固定チームナーシング

入院患者さまの看護は各病棟の受け持ち看護チームを決めて看護を提供しています。患者さまにとっても同じ看護師に会う機会が多いため安心感を持っていただけます。

勤務体制

変則二交替制勤務を取り入れています。

※平成27年10月より、出勤・退勤時刻が深夜になることもあった三交替制勤務と長日勤(8:30~21:20の長時間勤務)を原則廃止しました。職員の安全や体調管理に配慮し、よりよい労働環境となるよう取り組んでいます。

【変則二交替勤務】
日勤 8:30~ 17:10
遅日勤 12:10~ 20:50
夜勤 20:30~ 9:20
        

救急外来は変則二交替勤務、更に夜間は管理夜勤者が勤務しています。


育児短時間勤務制度

育児中の方は、子育てと仕事を両立していただくために勤務時間を短縮できるシステムがあります。

病棟・外来一元化体制

患者さまを入院前(外来)~入院中(病棟)~退院後(外来)と継続して看護が行える体制を取っています。

平成28年4月1日現在

病棟・外科一元化体制 

戻るホームへ