ホーム > 看護部について > 病棟紹介 > B館3階(集中治療室、救急病室、救急外来、放射線技術課、内科外来、処置室、採血室)

B館3階(集中治療室、救急、放射線技術課、内科外来、中央処置室)

師長

師長

 B3病棟は集中治療室・救急病室・救急外来・放射線技術課・内科外来・処置室・採血室を含む病棟です。看護師は総勢37名、それぞれの担当部署で専門技術を発揮しながら、関係する専門職と協力して看護にあたっています。対象となる患者さんに検査・処置から一貫した看護の継続が図れているのが特徴のひとつといえます。
 はじける笑顔の若い看護師からベテラン看護師まで皆元気に働く病棟です。




集中治療室

集中治療室は重篤な状態にある患者さんを集中的に治療する部門です。私たち看護師は、多職種の医療チームと協力し、患者さんの生命の維持、全身状態の回復、合併症の予防、QOLの維持や向上を図りながら回復過程を援助しています。

救急外来

全科を対象とする救急外来は、夜間や休日の診察、平日の救急車搬送患者さんの対応を行っています。救急看護に対する知識と技術の習得を図りながら、救急患者さんの看護にあたっています。

救急病室

夜間急病の患者さんの入院受け入れ、緊急透析など、濃厚な治療・看護が必要となる患者さんを対象としています。関わりは短期間ですが、より良い看護の提供を心がけています。

放射線技術課

進歩していく検査・治療技術に対応しつつ、全科を対象とする患者さんに安全に検査を受けていただけるよう、放射線技師を中心に関係する専門職と連携を図っています。

内科外来・処置室・採血室

地域の病院、診療所と連携しながら、患者さんに継続した看護と安心な医療を受けていただけるよう心がけています。「思いやりの心と笑顔」で患者さんをお迎えすることができるよう、スタッフ一同笑顔で丁寧な患者さん対応を心がけています。


戻るホームへ