地域医療支援病院

 Q.地域医療支援病院とはどんな病院ですか?

地域医療支援病院とは、医療は身近な地域で提供されることが望ましいとの観点から、第一線のかかりつけ医やかかりつけ歯科医師を支援する能力を備え、地域医療を担う他の医療機関との適切な役割分担と連携を図って行くことにより、地域医療の充実を図る病院として、都道府県知事が『地域医療支援病院』の名称の使用を承認するものです。 当院は平成20年、鳥取県知事より承認を受けました。

 

Q.どんな役割をする病院ですか?

以下の4点を担うことが必要とされています。

 

  1. 他の病院又は診療所からの紹介患者さんの受け入れ
  2. 病院施設、設備等を地域の病院又は診療所等の医師と共同利用すること
  3. 救急医療を提供していること
  4. 地域の医療従事者の資質向上を図るための研修を行っていること等

 

Q.どんな条件の病院が承認されるのですか?

医療法により次のように定められています。(抜粋)

 

  1. 他の医療機関から紹介された患者さんに対する医療の提供、また他の医療機関へ患者さんを紹介すること 当院は毎年6,000人から7,000人の紹介患者の受け入れを行っている一方、地域の病院、診療所への紹介も積極的に行っています。
  2. 病床、高額医療機器等の共同利用を実施していること 当院は5床の開放病床と、CTやMRなどの医療機器を、院外の医師が利用できるよう開放しています。
  3. 救急医療の提供を行っていること 2次救急医療機関として、東部医療圏を中心に24時間体制で救急医療を実施しています。
  4. 地域の医療従事者の資質の向上のための研修を実施していること 毎年2回程度、地域の医療従事者を対象に地域医療連携懇話会を開催している他、各種研修会を公開しています。
  5. 必要要件を満たした設備・構造を有していること 各科専門の診察室、手術室、処置室、臨床検査施設、集中治療室、病理解剖室、研究室、図書室 等

 


 

開業医紹介開業医紹介2