倫理規程

臨床倫理規程

鳥取赤十字病院に勤務するすべての職員が病院理念及び基本方針に基づき、患者の権利を尊重して最善の医療を平等に提供することを目的として、次のとおり臨床倫理に関する規程を定める。

 

  1. 患者の意向を十分聞いたうえで患者の自己決定権を尊重し、患者と医療従事者が協力して公正かつ公平な医療を提供すること。
    1. 患者の理解力や判断能力に応じて十分患者が分かるように説明し、納得していただくこと。
    2. 患者・家族に「お任せ医療」ではいけないことを理解していただくこと。
  2. 適応を十分検討してQOLを考慮した医療を提供すること。
    1. 病状の医学的問題を十分把握して、患者にとってQOLを高め、最善と思われる方法を選択すること。
    2. QOLは患者が評価するものであること。
  3. 医療の公共性を重んじて地域社会に貢献すること。
  4. 倫理委員会での審議結果に従った医療を提供すること。

 

職業倫理規程

鳥取赤十字病院に勤務するすべての職員が病院理念及び基本方針に基づき、意欲と誇りをもってその使命を果たすことを目的として、次のとおり職業倫理に関する規程を定める。

 

  1. 常に赤十字の職員として自覚を持ち、就業規則等院内各規則を遵守して業務にあたること。
  2. 患者の人格の尊厳と権利を尊重し、誠意を持った対応をし、信頼を得ること。
    1. 病状の医学的問題を十分把握して、患者にとってQOLを高め、最善と思われる方法を選択すること。
    2. QOLは患者が評価するものであること。
  3. 専門用語を多用せず、丁寧な言葉使いで分かりやすく説明をすること。
  4. 職務上の守秘義務を遵守すること。
  5. 最善の医療を提供するために、常に学術的知識と技術の習得に努めること。
  6. 自らの義務と責任を自覚して人格を高めること。
    1. 業務においては正直に対処し、過ちは隠蔽せずに明らかにすること。
    2. 患者、その他から利益供与(金品授与、接待など)を受けないこと。
    3. 利害関係の有無に関わらず、第三者から医療内容を左右されないこと。
  7. 職場内外の医療専門職の権利を尊重すること。
    1. 多職種間が対等に協調、協力して業務を遂行すること。
    2. 良好なチーム医療及び医療連携に努めること。
  8. 医療の公共性を重んじて地域社会に貢献するとともに、法規範を遵守すること。
  9. 良質の医療を提供するために、自ら心身の健康保持と増進に努めること。