DPCデータによる病院指標

平成27年度 鳥取赤十字病院 病院指標

◆定義

  • 集計期間:H27年4月1日~H28年3月31日
  • データ抽出方法:DPC様式1、様式4、Dファイルのデータを用いて集計を行った。
  • DPCデータによる統計であるため、入院患者のみが集計対象である。
  • 入院後、24時間以内に死亡した症例、生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外とする。
  • 症例数が10未満であるものは除外し”-”としている。

 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 

年齢階級別退院患者数

 

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 580 155 141 242 324 575 1,346 1,368 1,682 484

平成27年度1年間に退院した患者数を年齢階級別に10歳刻みで集計しています。
年齢は入院時の年齢です。地域医療支援病院である当院は、幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しています。中でも60代以上の患者さんは全体の7割を超えており、症状が重症化しやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
若年層では、骨折などの整形外科的な手術が必要となる患者さんが多くなっています。
また、小児科を有し、小児救急に積極的に取り組む当院では、10歳までの患者さんも多く診療しています。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

 

< 内科 > < 循環器科 > < 神経内科 > < 小児科 >
< 外科 > < 整形外科 > < 脳神経外科 > < 心臓血管外科 >
< 泌尿器科 > < 産婦人科 > < 耳鼻咽喉科 >

 

< 内科 >

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢 患者用パス
自院 全国
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 166 20.61 14.34 10.24 80.19
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 105 17.70 15.35 0.95 66.47
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 65 11.74 10.93 6.15 76.00

肺炎の治療は主に抗生物質点滴投与により行われています。高齢者が多く、在院日数が全国より長くなっています。
2型糖尿病の治療は糖尿病療養指導士である看護師や管理栄養士とともに患者さんのライフスタイルに合わせた生活習慣の見直しや血糖コントロールの改善を目標とした教育入院を行います。
胆管結石、胆管の手術治療は患者さんの侵襲の少ない手術として内視鏡的治療が行われています。


< 循環器科 >

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢 患者用パス
自院 全国
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 79 3.68 3.07 2.53 66.56
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 28.70 18.30 6.35 80.56
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 5.47 7.26 5.88 78.41

循環器科で最も多い症例は狭心症、慢性虚血性心疾患の治療です。心臓カテーテル治療は急性心筋梗塞にも施行しています。
症例数が2番目に多いのは心不全の治療です。平均年齢が80歳を超え、心不全以外の要因により平均在院日数が長くなっています。在宅復帰まで治療継続、リハビリのための転院を要する症例が多く、転院が決まるまでに日数がかかることが大きな要因です。


< 神経内科 >

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢 患者用パス
自院 全国
010060x099020x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 92 21.03 19.78 36.96 76.32
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 9.20 15.80 16.00 74.44
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 21 21.14 18.08 42.86 70.29

神経内科の入院患者数で最も多い疾患は脳梗塞です。いくつかの治療法や治療薬がありますが、それぞれにタイムウィンドウ(いわば制限時間)が決まっています。より良い治療のためにより早期の受診をおすすめします。


< 小児科 >

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢 患者用パス
自院 全国
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 173 4.61 5.72 0.00 2.49
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 118 3.53 5.50 0.00 3.31
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 4.79 6.31 0.00 4.32

小児科疾患の多くは、感染症とアレルギー疾患です。特に発熱や咳を伴う呼吸器疾患が多く、気管支炎や肺炎を発症すると全身状態が悪化し、年少児では入院に至る場合があります。発熱・嘔吐・下痢で始まるロタウィルス・ノロウィルスなどのウィルス性胃腸炎では、容易に脱水症状に陥り、入院となります。近年、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などのアレルギー疾患が増えました。吸入薬などの登場で入院を要する気管支喘息患者は減少傾向にありますが、気管支炎・肺炎などに合併した時は、容易に呼吸困難に陥り、全身状態も悪化し入院に至ります。


< 外科 >

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均年齢 患者用パス
自院 全国
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 111 3.02 4.53 0.00 69.61
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 107 3.01 4.51 0.93 63.55
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 72 3.04 11.62 0.00 64.31

大腸がん(結腸・直腸がん)の患者数は増加傾向にあるため、手術後の再発予防や転移、再発時に行う化学療法の件数が多くなっています。抗がん剤の開発によって転移や再発を起こした大腸がん患者の生存期間は伸びてきており、長期間の化学療法を受ける方が多くなっています。肺の悪性腫瘍の化学療法の多くは、大腸がんの肺転移の治療の方です。

外科のその他症例(参考)


< 整形外科 >

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用パス
自院 全国
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 151 33.06 28.70 72.85 83.48
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 117 25.68 21.52 37.61 81.07
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 28 27.43 21.26 35.71 81.96

鳥取県の人口構成の特徴は、全国的にも高齢化率の高い地域となっています。整形外科においても入院症例数が最も多いのは高齢者の転倒による大腿骨近位部骨折です。ついで胸腰椎の圧迫骨折、恥坐骨骨折や仙骨骨折などの骨盤骨折で骨粗鬆症に起因した骨折が大半をしめ、年齢も80歳以上の患者さまが多くなっています。とくに大腿骨近位部骨折の手術件数は骨接合術と人工骨頭挿入術を合わせて年間約150件あり、県内でも有数の病院となっています。早期離床をはかるためできるだけ早くリハビリを行っていますが、高齢者が骨折を受傷すると短期間で自立した歩行能力を獲得することは並大抵のことではありません。当院では医療ソーシャルワーカーを通して近隣の回復期リハビリテーション病院とも連携をはかり、なるべく在宅復帰できるようご提案させていただいています。


< 脳神経外科 >

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用パス
自院 全国
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 12.07 10.02 13.33 77.73
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 25.65 19.32 52.94 72.00
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 6.00 7.52 0.00 51.85

当院では比較的高齢者の方が多く、それを反映して高齢者において発症率の高い慢性硬膜下血腫の手術治療が多くなっています。次に非外傷性頭蓋内血腫の治療、頭蓋内損傷の治療が続きます。


< 心臓血管外科 >

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用パス
自院 全国
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 9.08 11.76 16.67 82.83

心臓血管外科では血管内焼灼術を中心に、多くの症例を外来で治療しており、入院症例として計上する症例は少なくなっています。ペースメーカー交換術は、基本的には脈拍が遅い患者さんの治療のため心臓にペースメーカーを植え込んでいるものです。


< 泌尿器科 >

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用パス
自院 全国
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 70 9.94 8.02 0.00 75.93
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 51 9.08 12.36 0.00 77.43
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 32 15.66 14.03 0.00 68.94

泌尿器科で最も多い手術症例は前立腺針生検法ですが、短期滞在手術等基本料であるためここでは集計の対象外です。
最も多い症例は膀胱腫瘍に対して経尿道的に行う膀胱悪性腫瘍手術(TUR-Bt)と化学療法を併用した症例です。


< 産婦人科 >

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用パス
自院 全国
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 18 9.50 10.18 0.00 48.17

 子宮筋腫は中年以降の女性によくみられる良性の子宮腫瘍です。当科では、自覚症状とMRIなどの画像診断を総合的に判断して、患者さんにとって最も適した治療法を選択するように心がけています。腹腔鏡補助下の手術や至急動脈塞栓術による治療も症例によっては可能です。


< 耳鼻咽喉科 >

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数 転院率 平均
年齢
患者用パス
自院 全国
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 86 6.47  5.31 0.00 65.71
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 80 5.24  5.53 1.25 44.90
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 40 6.80  7.76 0.00 54.00

めまい、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍などの救急患者の入院が多く見られます。慢性副鼻腔炎は手術のための入院です。


 

 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

 

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 60 10 17 29 29 32 1 7
大腸癌 26 40 153 68 59 84 1 6,7
乳癌 26 22 10 15 10 13 1 7
肺癌 2 0 0 0 6 3 1 7
肝癌 4 7 6 11 17 80 1 6,7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院は消化器センターを設置しており、消化器系のがんが多いのが特徴です。早期胃癌では内視鏡的ながんの切除、腹腔鏡下胃切除、腹腔鏡、内視鏡合同手術にも取り組んでいます。大腸癌も多くの症例で腹腔鏡手術を行っています。乳がんは専門医師、認定看護師、薬剤師など他職種がチームを組んで患者さんの診療にあたっています。

 

 

成人市中肺炎の重症度別患者数等

 

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 13 13.08 53.08
重症度 1 48 17.88 81.35
重症度 2 45 20.11 84.73
重症度 3 29 29.21 82.83
重症度 4 9 35.22 86.56
重症度 5 2 9.50 88.50
不明 1 20.00 50.00

市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。患者数は中等症が最も多く、重症度が上がるにつれて在院日数も長くなっています。患者さんは高齢者が多く、重要になるほど平均年齢は上がる傾向にあります。

 

 

脳梗塞のICD10別患者数等

 

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在
院日数
平均
年齢
転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 12 8.50 81.25 16.67
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞 3日
以内
219 24.52 77.71 40.00
その他 16 21.50 72.94 2.13
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
I679 脳血管疾患,詳細不明

虚血性脳卒中の入院数は合わせて250名近くにのぼり、約80%の方が発症後3日以内の入院です。一過性脳虚血発作であれば一週間程度で退院されますが、脳梗塞では4割強がリハビリ病院へ転院されるため、平均すると約24日の入院期間となっています。

 

 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

 

< 内科 > < 循環器科 > < 外科 > < 整形外科 >
< 脳神経外科 > < 心臓血管外科 > < 泌尿器科 > < 産婦人科 >
< 眼科 > < 耳鼻咽喉科 >

 

< 内科 >

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K6871 内視鏡的乳頭拡張術 62 1.97 13.47 14.52 76.40
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 45 21.49 38.42 37.78 80.71
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 44 1.84 12.82 0.00 77.05
内視鏡的乳頭拡張術は総胆管結石の除去に際し行われる治療です。
胃瘻造設術は主に脳梗塞後などの脳疾患により嚥下機能が低下し、誤嚥性肺炎を繰り返す患者さんに行われ、当院ではほとんどが経皮的内視鏡下胃瘻造設術となっています。
血管塞栓術の中では肝細胞がんに対する肝動脈塞栓術が大半を占めています。

 

< 循環器科 >

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 19 5.89 5.11 0.00 63.89
循環器科では虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)に対する経皮的冠動脈形成術と経皮的冠動脈ステント留置術といった心臓カテーテル治療の症例数が多くなっています。心臓カテーテル治療は腕や足の血管から心臓まで管を通して狭窄した冠動脈を拡張する治療法です。経皮的冠動脈血栓吸引術は急性心筋梗塞に対する心臓カテーテル治療の際に冠動脈閉塞の原因となっている血栓を血栓吸引カテーテルで除去する治療です。

 

< 外科 >

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 72 0.64 3.60 4.17 67.29
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 1.18 5.82 1.52 62.21
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 42 0.76 2.71 0.00 61.50
癌の手術以外では、当院では鼠径ヘルニアの症例が多いのが特徴です。鼠径ヘルニアに対しては腹腔鏡下手術を積極的に取り入れています。腹腔鏡下手術は、傷の大きさが小さいために術後の痛みも少なく、早期の退院が可能になります。また、症例に応じて従来の鼠径部からのアプローチで手術を行う場合もあります。胆石症や胆のう炎に対して腹腔鏡下胆のう摘出術を行う症例も多いです。

〇 悪性腫瘍手術上位3件(参考)

 

< 整形外科 >

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(上腕) 115 6.42 26.65 67.83 83.14
K0811 人工骨頭挿入術(股) 56 7.91 23.95 76.79 81.66
K0462 骨折観血的手術(下腿) 36 3.56 21.64 11.11 59.69
整形外科の手術では平均年齢から高齢者の骨折が多いことが分かります。加齢に伴い骨粗鬆症が原因で起こる大腿骨の骨折に対して、プレート固定を行ったり、人工骨頭挿入を多く行っています。手術後は自宅退院を目標にリハビリテーションを行い、医療ソーシャルワーカーを通して近隣の回復期リハビリテーション病院とも連携をはかり、なるべく在宅復帰できるようご提案させていただいています。

 

< 脳神経外科 >

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 2.68 12.45 27.27 81.18
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 14 0.79 42.00 64.29 69.79
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術が最も多い手術となっています。慢性硬膜下血腫は高齢者の頭部外傷後に発症することが多い疾患ですが、手術で治療するため、早期に退院可能となっています。
次いで多いのが頭蓋内血腫除去術です。高齢者の方でも積極的に手術を行っていますが、術後にリハビリが必要な方も多く、転院率は64%となっています。

 

< 心臓血管外科 >

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K597-2 ペースメーカー交換術 12 1.00 7.08 16.67 82.83
心臓血管外科では血管内焼灼術を中心に、多くの症例を外来で治療しており、入院症例として計上する症例は少なくなっています。ペースメーカー交換術は、基本的には脈拍が遅い患者さんの治療のため心臓にペースメーカーを植え込んでいるものです。

 

< 泌尿器科 >

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 75 1.44 6.76 1.33 75.67
K843 前立腺悪性腫瘍手術 34 1.29 13.88 0.00 69.50
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 31 2.68 16.10 3.23 66.58
最も多いのは膀胱に対して行う悪性腫瘍手術です。尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。開腹に比べて腫瘍切除手術に比べて患者さんの体に負担の少ない治療法です。さらに使用する潅流液が電解質溶液(電気伝導性を有する溶液)の生理食塩水なので、合併症のリスクは大幅に減少します。

 

< 産婦人科 >

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K877 子宮全摘術 15 1.80 8.20 0.00 52.67
子宮全摘術の場合、手術前日に入院し、術後は7日目に抜歯、8日目に退院で合計10日間の入院を標準としています。平均年齢は52歳で、原則として閉経前症例で異常がなければ、付属器は温存するようにしています。

 

< 眼科 >

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 134 0.07 2.17 0.00 74.31
眼科は高齢化社会を反映して、白内障が最も多くなっています。白内障手術は日帰りが主流となっていますが、当院は2泊3日の入院で治療しています。心不全や人工透析などの全身疾患を有する方、精神疾患や認知症で全身麻酔が必要な方、また患者様が入院を希望された場合、地域の先生方からご紹介を頂いて施行しています。
また近年増加傾向にある加齢黄斑変性に対しては、主に日帰りで抗VEGF(血管新生抑制薬)の硝子体注射を施行していますが、患者様の希望で入院していただくこともあります。
緑内障に関しては可能な限り点眼薬での保存治療の方針ですが、必要に応じて手術を施行しています。

 

< 耳鼻咽喉科 >

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 34 1.00 5.15 0.00 56.15
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 33 0.97 6.58 0.00 22.88
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 30 0.93 2.17 0.00 62.13
従来は小児に対する口蓋扁桃摘出術が圧倒的に多く行われていましたが、手術適応が厳密になり、減少傾向です。内視鏡下鼻・副鼻腔手術は、患者さんの身体への負担が軽減されたことと、喘息に合併した難治性の副鼻腔炎が増加していることにより、今後も徐々に増加してくると思われます。

 

 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 6 0.09
異なる 26 0.38
180010 敗血症 同一 28 0.41
異なる 31 0.45
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 31 0.45
異なる 2 0.03

播種性血管内凝固は、感染症などによって起こる全身性の重篤な病態です。
DPC 病名と入院契機病名が異なる場合の入院契機病名として挙げられるのは、癌が3件、胆道系疾患が7件、呼吸器疾患が6件、尿路系疾患が5件、消化管疾患が4件などでした。
癌や感染症で入院後も全身状態が悪化して播種性血管内凝固や敗血症といった重症な病態になってしまった症例です。
手術・術後の合併症は、どのような術式でも、どのような患者さんでも、一定の確率で起こりうるもので、医療ミスとは異なります。当院ではそのほとんどが、主たる病名と入院の契機となった病名が同一という結果でした。つまり、手術・術後の合併症を主訴として入院され、治療を受けている患者さんが多いということです。

 

更新履歴

2016/9/30
「平成27年度 鳥取赤十字病院 病院指標」を掲載