当病院の沿革

大正 4年4月 県立鳥取病院より無償で譲渡移管
5年12月 結核病棟竣工
12年8月 旧本館竣工
13年8月 小児科、耳鼻科、産婦人科新設
14年4月 眼科新設
昭和 3年6月 歯科新設
12年7月 支那事変に際し鳥取陸軍病院赤十字病院と改称
13年7月 日本赤十字社鳥取支部病院と改称
14年2月 皮膚泌尿器科新設
20年3月 舞鶴海軍病院鳥取赤十字病院と改称
20年9月 終戦により鳥取赤十字病院と改称
24年4月 放射線科新設
30年6月 整形外科新設
33年3月 総合病院の名称承認
37年3月 A館(現本館)改築竣工
39年9月 麻酔科新設
42年12月 C館(病棟 地上6階 地下1階)改築竣工
46年2月 保険医療機関指定
49年6月 脳神経外科新設
54年1月 検査医局棟(地上3階)竣工
56年7月 看護師宿舎(地上3階)改築竣工
57年1月 看護専門学校、看護学生宿舎(地上3階)改築竣工
59年10月 健診センター開設
平成 2年8月 B館(診療・病棟 地上8階地下1階)増改築竣工
2年9月 神経内科新設
2年12月 診療棟等増改築工事竣工
5年5月 立体駐車場新設
9年12月 A館玄関周辺改造工事
11年5月 災害拠点病院(地域災害医療センター)に指定
13年6月 超音波室等検査棟改造工事
15年10月 オーダリングシステム開始
15年10月 療養病棟(40床)開設、臨床研修指定病院
16年8月 病院機能評価Ver.4認定
17年10月 循環器科標榜
18年7月 亜急性期病床(8床)設置
19年3月 療養病床(40床)返還  許可病床数449床
19年5月 未熟児病床(11床)返還 許可病床数438床
19年9月 開放型病床(5床)設置
20年7月 地域医療支援病院承認
21年8月 日本医療機能評価Ver.6認定病院
22年4月 心臓血管外科標榜 DPC対象病院
25年12月 新棟建築開始(起工式)
26年2月 電子カルテシステム導入
26年8月 手術支援ロボット(ダヴィンチ)導入
26年10月 病理診断科標榜
28年1月 一般病床(38床)返還 許可病床数400床

新本館リニューアルオープン

28年4月 頭頸部外科、精神科、リハビリテーション科標榜
29年7月 救急科標榜